暑すぎ!寒すぎ!ユニクロのヒートテックの効果に疑問。

ヒートテック

定番肌着のヒートテックは本当にいいもの?

冬の肌着として定番となったユニクロのヒートテック

私も、もう何年もヒートテックを使い続けています。ヒートテックがでなければ、ここまで高機能性衣類が普及することもなかったと思います。

ユニクロのヒット商品で、ここまで広く普及したのはフリースとヒートテックぐらいじゃないでしょうか?

ただ、実際に使っていて感じるのですが、ヒートテックってそこまで効果あるのかな?という疑問。

効果がないばかりか、体を動かしている時は暑すぎて不快になるという問題もありました。

口コミの割にはなんかイマイチという感じが拭えなかったのです。

今回は、どうしてヒートテックが不快と感じるのか?さらに、ヒートテックより優れた肌着はあるのか?について考えてみます。

スポンサーリンク

寒い時にはヒンヤリ、暑い時には汗で発熱…

体から蒸発する水蒸気を繊維自体が吸収し、熱エネルギーに変換。すると素材自体が暖かくなり、寒さを感じにくいというのは本当でしょうか?

そもそもヒートテックの繊維は、東レとユニクロが共同で開発したものです。

ヒートテックの原理は、吸湿性の高いレーヨンを配合し発熱しやすくするとともに、細かいアクリル繊維が小さな空間を作って熱を保持するというもの。

確かに理解できるのですが、現実には大して温かくないし、体を動かしていると不快に感じることも。

一体どうしてなんでしょうか?

まず、吸湿すると熱を持つのはどの繊維でも同じことです。ヒートテックだから特別、発熱するという訳ではないのです。

さらに不快に感じるのは、水分で発熱する一方で、体に密着する部分が蒸れるため。通気性が悪いので保温性が高い反面、蒸れやすいのです。

実際に、ヒートテックを着ていると感じるのは、そこまで特別な機能性があるとは思えないということなのです。

汗をかかなければ寒いまま、暑くて汗をかけば、その汗でさらに熱くなる、止まったら汗が冷えて気化熱で今度はさらに寒くなる。

ヒートテックが本来の性能を発揮するためには、ある程度体を動かして汗をかいている状態が必要で、体を動かすのをやめるとまた寒い状態に戻るのです。

ヒートテックは、休むことなく軽く体を動かし続ける人には適しているけど、座ったまま仕事をしたりするような本当に寒さを感じている人には本来の性能を感じにくいのです。

さらに、ヒートテックは運動には向いていません。

汗をかきすぎると逆に暑すぎて不快になります。吸湿による発熱で暑い時にはより暑く感じるのです。

本当に温かさが必要なときには発熱しないばかりか、気化熱で寒く感じる。暑い時には更に熱く感じるのです。

実際にはいろいろな意見がありますが、これが私がヒートテックに感じる問題点なのです。

 

ヒートテックの欠点を補う下着はどれ?

ヒートテックが大ヒットした理由のひとつに薄くて着回ししやすいということがあります。

ヒートテックのような薄くても温かい系の下着は、他社からもいろいろな種類が出ています。

先程も言ったように、運動したり、動くけど休憩もする、あまり動かないという人には、ヒートテックはオススメできません。(ほとんどの人はそうかもしれませんが)

では、ヒートテックの欠点を補う、次の特徴を持つような下着はあるのでしょうか?

・動いていても、動いていなくても温かい。
・汗をかいても必要以上に暑くなったり、不快感を感じない。

ヒートテックに使われている繊維は、ポリエステル、レーヨン、アクリル、ポリウレタンとすべて化学繊維です。

化学繊維=ダメというわけではないのですが、肌触り、動いていない時の保温性、着た時に冷たく感じないなどは、化学繊維より綿の方が優れています

次に紹介するベルメゾンのホットコット、無印良品のぬくもりインナーなどの綿に発熱素材を加えた機能性衣類は、ヒートテックのような不快感を感じにくく、動いていなくてもそれなりの保温性があります。

しかも、繊維自体が発熱するというヒートテックの特徴も備えています。

 

綿混発熱インナー ホットコット

ホットコット

ベルメゾンホットコットは、綿45%、アクリル30%、レーヨン20%と繊維の半分近くが綿、さらにアクリルも入っているのでストレッチ性も高く、保温性もあります。

もちろん、ヒートテックより快適性もあり、体を動かしていなくても温かさを感じられます。

値段もヒートテックとさほど違いはありません。ひとつ難点を言えば、やや生地の耐久性が低い気がしますが、不快なインナーを着るよりはよっぽどいいと思います。

 

無印良品 ぬくもりインナー

ぬくもりインナー

ホットコットより少し値段が高いですが、無印良品ぬくもりインナーも良かった。

こちらは、綿80%、レーヨン15%と、殆ど綿のインナーですが、レーヨンが15%入っています。

こちらは、ヒートテックやホットコットと比べると厚みが少しありますが、肌触りがよく、しっかりとした温かさも感じられます。

 

今年の冬からは、ヒートテックを卒業する

ヒートテックを長年使ってきたのですが、今年はついに卒業しようと決心しました。

いろいろなインナーを試してきましたが、ヒートテックがそこまでいい物とは思えません。

わざわざ不快なヒートテックを選ばなくても、ホットコットやぬくもりインナーなどの、より快適性の高いインナーが簡単に手に入るのです。

ではまた!