2016年花粉症対策。「コスパ」重視の花粉症対策グッズの選び方。

また今年も花粉の季節がやってまいりました。

僕はここ10年ぐらい花粉症に悩まされているのですが、もう既に今年はかなり来ています。

杉の木を見るだけで鼻がムズムズしてきます。

暮らしの視点的花粉症対策はコスパ重視。花粉症対策はしっかりしたいけど、お金もしっかり節約する。

「我慢して何も対策しないで後悔。」「高価な花粉症対策グッズを買って大損」とうことにならないために私が重視していることについて書いていきます。

「もうそんな長話はいいよwww。早くアマゾンリンクを教えろ!」という人はAmazonのリンクを貼っておきます。

Amazon.co.jpの花粉症対策ストア

 

花粉症対策の基本のマスク選びのポイント

花粉症対策の基本は「花粉が体内に入ってくるのを防ぐこと」。内側から防ぐ方法もありますが、それだけで花粉症は防げません。ですから外から花粉が入ってくる口と鼻を塞げるマスクは花粉症対策の基本中の基本です。

マスクの売れ筋ランキングを見ると50~60枚入りの大容量パックが売れています。60枚あれば毎日使っても2ヶ月持ちますからコスパが非常にいいんです。僕が買っているのも60枚入りのものです。

他にも100枚入り、30枚入り、15枚入り、5枚入りなどがありますが、マスクの基本的な花粉を防げる性能だけを考えると枚数が多いほどコスパが良くなっています。ただし100枚入りと50~60枚入りのコスパはそこまで変わりません。

ちなみに、50~60枚入りでオススメは、

「快適ガード爽やかマスク」、「アイリスオーヤマのプリーツマスク」、「ユニ・チャームの超立体」。

「マスクを長時間付けると耳が痛くなる」、「マスクを外した時に線が付いてしまう」のが気になるなら、

就寝時用に大量に用意しておくなら、100枚入り150枚入りなんかもあります。

ちなみに、花粉を通さないマスク自体は普通の不織布でも作れちゃいますので、ウイルス対応などの性能の良いものを買う必要はありません。逆に、花粉対策でウイルス対応のマスクを使うのは息がしにくいなどのデメリットしかありません。

花粉用マスクを買うポイントは、「息がしやすい」、「自然なフィット感」、「メガネが曇らない」などに主眼をおくと間違いありません。

 

暮らしの視点的「花粉症対策」のポイント

マスク以外にも用意しておいたほうがいいものについても書いておきます。

ポイントは、

  • 鼻専用ティッシュは絶対あったほうがいい
  • 鼻詰まり対策は点鼻薬の常用はやめたほうがいい
  • アロマオイルで気分をリフレッシュ

僕がマスク以外で絶対に用意しているのが「エリエールのローションティッシュ

同じような製品に、ネピアの鼻セレブクリネックスのローションティッシュエックスがあります。

普通のティッシュで鼻をかむと皮剥けで鼻が赤くなって「鼻をかむのが辛い!」ので、僕にとってはローションティッシュはこの時期の必須アイテムです。

その他の花粉対策グッズではアレルギー点鼻薬もありますが、注意したいのは成分。

一般的なアレルギー点鼻薬には抗ヒスタミン剤と血管収縮剤が入っています。抗ヒスタミン剤はアレルギー反応を抑えるためのもので風邪薬なんかにも使われています。もう一つは血管収縮剤で、こちらは名前の通り血管を細くして血液の流れを抑えて痒みを感じにくくする成分。

アレルギー点鼻薬を使うと一時的に鼻詰まりが取れてすっきりしますが、常用するのはやめたほうがいいです。アレルギー点鼻薬を使い過ぎると効かなくなってきてかえって酷くなる場合もあります。

アレルギー点鼻薬を使ってはいけないとうわけではありませんが、使うならここぞというときに限ったほうがいいと思います。

鼻詰まりをしたいなら、内部に綿棒で塗るタイプのものが良いと思います。アレルシャットがオススメです。ヴァセリンがあるならそれを鼻の内部に塗っても良いと思います。

その他にはアロマオイル。僕はアロマオイルをよく使うんですが、花粉症にはペパーミント、ティーツリー、ユーカリなどが効果があります。

アロマディフューザーを使えば、加湿もしながらアロマの成分で鼻詰まりも緩和されますし少しでも気分よく過ごすことが出来ます。

 

まとめ

今年の花粉はしっかり対策して万全の体制で乗り越えたいと思っています。花粉症対策グッズはほんとうに沢山の種類があります。人や症状によってどれがおすすめなのかも変わってきます。

症状が酷いようであれば耳鼻科の薬の方が有効な場合がありますし、そこまで酷くなければ市販の薬で済ませても問題ありません。

大切なのは自分の症状にあった対策をすることだと思います。まだまだ花粉の季節はこれから。

今年は花粉に苦しまないために対策はしっかりとしたいものです。

最後にもう一度、↓にAmazonのリンクを貼っておきます。

Amazon.co.jpの花粉症対策ストア

ワッショイ!