30代前半で年収1000万を目指すことにした。

枯山水

「忙しさ」と「疲れ」に飲み込まれるな!

「僕は30代前半のうちに年収1000万を目指します。」

僕は最近、これからの自分の生活についていろいろと考えるのですが、こうやって自分の「やりたいこと」とか「これからのこと」について落ち着いて考える事って今まで出来なかったんです。

どうして考えなかったのかというとず~っと忙しくて疲れていたから。去年、前の仕事をやめるまでは常に仕事をしているか疲れてるかのどちらかで「考える」ということをしなかったんです。

人間って「忙しい時」「疲れている時」は落ち着いてものを考えるということが出来ないんですね。そして、ついには30才を過ぎるまで自分のこれからについて落ち着いて考える機会が無かったんです。

20代の出来るだけ早いうちに人生について落ち着いて考えるということが出来なかった。「忙しさ」と「疲れ」のために。

仕事をやめて1ヶ月ぐらい人生について考えた

やっとこさ決断したのが32才。今までやっていた仕事を辞めることにしたんですね。

僕は仕事を辞めてから1ヶ月ぐらいず~っとこれからの僕の人生について考えていました。心も体も疲れていたので最初の2週間ぐらいは本当に何もしていませんでした。その時にやっと自分の人生の中で初めてといってもいいぐらい真剣に人生について考えたんですね。

「そんなこと学生のうちに考えるべきだ!」という人もいるかもしれませんが、学生のころと30代になった今の人生観とでは考え方も方向性も何もかも全然違います。ぼくの場合、学生の頃はまだ世の中のことがそこまでわかってなかったのかもしれませんけど・・・。

本当に僕の中ではギリギリのタイミングでした。あと1年仕事を止めるのが遅かったら手遅れだったかもしれません。あと数ヶ月遅くてもダメだったかもしれない。ただ、本当はもっと早いほうが良かった。

だから決断は早いほうが良いんですね。これは本当にそうです。結局は決断できるかどうかにかかってくる。

 

30才を過ぎると目に見えて選択肢が狭まってくる

人間、30才を過ぎると年々選択肢の幅が小さくなっていくんですね。再挑戦できるとしても軌道に乗るまで数年かかると、あっという間に40才という感じになってきます。選択の幅も残り時間もどんどん限られてくるのが30代だと思うんです。

僕は去年の「あの時」に仕事を辞める決断できていなければ何も変わらなかったでしょう。

そういう決断をするタイミングっていうのは人生の中で本当に数えるほどしかありません。そういうタイミングでしっかり決断できないと結局、何年経とうが何も変わらないまま。決断は早ければ早いほどいいんです。

「忙しさ」や「疲れ」で自分を犠牲にする人生と、そうでない人生が選べるのだとしたら、一体どちらを選ぶのかという決断が出来るかどうか。そこで本当の自分の意志が試されるんだと思います。

だからこそ出来るだけ早いうちに人生についてしっかりと考えておくべきだと思います。

 

30代前半で年収1000万を目指します!

で、これから僕はどうしていくのか。ということなんですがタイトルにもあるように、

「30代前半で年収1000万を目指します!」

今の年収はざっと200万ぐらいですから3年以内に5倍にしますまぁかなり思い切った目標だと思いますが十分に実現可能な領域だと思っています。

サイト運営の収入は毎月1.5倍~2倍ぐらいのペースで増えていますから、このまま継続的に成長していけば年収1000万ぐらいなら実現できるんじゃないかと思っています。

そして、もちろんお金を稼ぐだけではない!のですが、今の自分に何が出来るのか、何をやるべきなのか。ということを考えた時に、

「もうこれ以上消耗したくない!」だからこそ「楽してお金を稼ぎたい(笑)」という結論になりました。

より効率的にお金を稼ぐということを重視したい。同じ時間をかけて10倍稼げるなら仕事は10分の1で済みます。最終的には、普通に生活するだけなら1日1時間働けば十分なレベルにしたいと思っています。

あと、僕は一体何が出来るのかということなんですが、僕がやりたいのは、

世の中の雰囲気とか空気、みんなが何となく思っていること、感じていることを、言葉や映像で表現していくことではないかと思っています。

これだけ変化が激しい時代だからこそ、そういう表現が求められる。僕はその辺のことも考えながら収益化もしていくという感じでやっていこうと思っています。

ワッショイ!

 

転職は今!うっかりタイミングを逃さない転職方法。

もっと早く辞めてれば。この絶好の転職チャンスをものにして思い通りの人生にする