エアリズムVSエアリズムメッシュ 本当に涼しいのはどっち?

エアリズムの比較

以前紹介した、エアリズムメッシュ

従来のエアリズムに比べて2倍の通気性を実現したということで、従来には無かった快適さを実現

風通し2倍

実際に数週間着てみたので、エアリズムメッシュは本当に涼しいのかを検証してみます。

エアリズムVSエアリズムメッシュ

エアリズムメッシュは、MENSのみのモデルでWOMENSにはありません。

エアリズムVSエアリズムメッシュ

従来のエアリズムと同じ値段で販売されています。

でも、どうして同じ値段で販売しているのでしょうか?

同じ値段なのに、メッシュの方がいいんだったら誰だってメッシュを買いますよね。

同じ値段ということは、それぞれに良し悪しがあったり何か理由があるのでしょうか?

今回はそれを検証してみたいと思います。

まず生地を比べてみます。

素材感

エアリズムメッシュのほうは凹凸感がありますね。エアリズムがツルツルしているのに対して、メッシュのほうは、触った感じがザラザラした感じがあります。

部屋の照明にかざしてみました。

光の通し方

メッシュの方がハッキリと光が入ってきます。着た時にそこまで透ける感じはしませんが、ノーマルのエアリズムより透けやすいので、白を買うのは止めたほうがいいかもしれません。

 

吸水性テスト。汗を多く吸うのはどっち?

まず、最初にそれぞれの重さを測っておきます。

元の重さ

元の重さは、エアリズムが80g、エアリズムメッシュが68gと、エアリズムメッシュの方が少し軽くなっています。

それでは、実験を始めます!

まずは吸水テストから。

吸水テストは、どれだけ水を含むかを検証します。一般的にたくさんの水分を保持できる繊維の方が、汗をしっかりと吸収でき汗ジミが出にくくなります。

単純に考えれば、繊維の量が多いエアリズムの方が多くの水分を含むと思いますよね?

吸水テストの手順

  1. まずしっかりと水を含ませます。最も水を含んだ状態での重さを測定
  2. 手でしっかりと絞ります。絞った状態での重さを測定


実際に図ってみた結果です。

吸水テスト

括弧内の重さが実際に含んでいる水分の重さ。エアリズムの方が多くの水分を含んでいます。

結果は、エアリズムの方が10~20g程度、水を多く吸収できることがわかりました。

元の繊維の量が多いので予想通りの結果ですが、エアリズムメッシュは吸水力でややエアリズムより劣る結果となりました。

 

速乾性テスト。どちらが早く乾く?

次に速乾性をテストします。

エアリズムは汗を蒸発させる際に熱を奪うので涼しく感じます。つまり乾きやすい方がより涼しいということもできます。

それに、シャツの下が、汗でベタベタの状態だとシャツに汗が染みてきます。その為、速乾性がより高い方が、汗ジミしにくいといえるのです。

エアリズムとエアリズムメッシュではどちらが乾きやすいのかを実際に検証してみましょう。

予想では、メッシュ構造のエアリズムメッシュの方が乾きやすいのではないかと思います。

水に濡らして絞った状態からスタートして、どちらが早く乾くかを検証します。

乾かすのは室内の風通しがほとんどなく、無風に近い場所。

速乾性テスト

 

速乾性テストの結果はグラフを見て下さい。

速乾性テスト

時間の経過とともに、水分量が減っていく様子です。

この結果では、エアリズムとエアリズムメッシュには大きな違いが見られません。

元々の水分量がエアリズムの方が多いので、完全に乾くのはエアリズムの方が時間がかかりますが、速乾性に大きな違いはないということになります。

今回は、ほとんど無風の場所での実験です。風通しの良い場所で比較した場合は、エアリズムメッシュの方が少し有利なのではないかと思います。

 

実際に着て比べた感想

ということで、実験結果では大きな違いが見られませんでした。

では、エアリズムメッシュはエアリズムと本当に変わらないのでしょうか?

最後に、実際に数日間、両方のエアリズムを着て比べてみた感想を書いてみます。

感想としては、どちらも大きな違いがないが、どちらかと言うとエアリズムメッシュの方が快適な気がするという結論になりました。

着た時の快適さに関しては、正直言って大きな違いは感じられませんでした。

エアリズムメッシュは通気性が良いのですが、上にシャツを着ていれば通気性はそれほど重要ではないかもしれません。

ただ、エアリズムメッシュの方が、汗を書いた時のベタベタ感は少なく、何時でもさらっと着られる印象がありました。

メッシュ構造が服と体の間に空間を作って、ピタッと密着することによる不快感が少なくしてくれる効果があるかもしれません。

 

まとめ

ということで、エアリズムとエアリズムメッシュの違いをまとめておきます。比較

まず、吸水性と速乾性は大きな違いはありませんでした。ただ、風通しの良い場所ではメッシュの方が早く乾くと予想しています。

それから、肌触りはエアリズムはツルツルなのに対し、メッシュの方は、ザラザラとしています。

着た時のサラサラ感は、エアリズムメッシュの方が優れている感じがします。エアリズムは汗を書いた時に肌に密着する感じがします。

それから、耐久性は、エアリズムは数年間使っていますが十分な耐久性があります、ただし、エアリズムメッシュは、メッシュ構造のため洗濯の耐久性がノーマルのエアリズムより劣るのではないかと考えられます。

実際に何年も使ったわけではないので、あくまで予想ですが、耐久性はエアリズムの方が高いと思います。

ということで、総合的には大きな違いはないけど、どちらかと言うと、エアリズムメッシュの方が快適な感じがするという結論になりました。

個人的には、次に買うとしたらどちらかというと、エアリズムメッシュかな?という気がしています。

ちなみに、より高い効果を得るには、肌に密着して体にフィットするサイズのものを選びましょう。

 

エアリズムの記事、他にも書いてます。

2016年のエアリズム全製品ラインナップを一挙に紹介。今年はシームレス、ウルトラストレッチが追加されました。
→ 今年もユニクロのエアリズム。全製品ラインナップをまとめ読み。

エアリズムにメッシュタイプが登場。定番のエアリズムがどう変わったのか!?
→ 暑い夏はユニクロで乗り切る。定番のエアリズムが地味に進化しててびびった

2016年のユニクロで買いたいメンズ夏物のTOP5を紹介します。エアリズムもランクイン!
【メンズ】2016年のユニクロで買いたい夏物TOP5

それでは!