Androidで車内カラオケが出来るようにしてみた。

だいぶ前にWiiで車内カラオケ出来るようにしてみたっていう記事を見たことがあったので、車内カラオケ楽しそうっていうことで、やってみることに。

今だとAndroidを使えば簡単に実現できます。AndroidのカラオケJOYSOUND+(plus)というアプリを使うと、月額360円で歌い放題です。

今回は、手持ちのNexus7を自分の車に設置して、Nexus7の画面を見ながら歌える様にしてみました。

まず、Nexus7を車内に固定する必要があります。マウントに槌屋ヤック オーディオパーツ マルチアタッチメントTab VP-88槌屋ヤック オーディオパーツ DIN BOX フリータイプ VP-D1を購入して設置しました。

これは角度がある程度動かせますので好きな向きで使うことができます。タブレットを設置するとエアコンの吹き出し口にかかります。

DSC03568

マウントにNexus7を設置してみるとこんな感じ。車内カラオケ

プリンストン PTM-BTR1を別途購入してNexus7とPTM-BTR1をBluetoothで接続しています。DSC03555

こちらは、PioneerのU585BTです。Nexus7とBTで直接つなぐことも出来るのですが、なぜか調子がわるいのでU585BTのオーディオ入力にPTM-BTR1からの出力を接続DSC03576

カラオケということで歌うにはマイクが必要です。マイクと音声を合成するアンプも一緒になった製品(KAD001-2)があったので購入してみました。

中華製品なので、とりあえず動けばいいかと思ってかいましたが、予想以上に安っぽいです。
DSC03557Wholesale Product Snapshot Product name is Newest white Portable Karaoke Sound Mixer Karaoke Echo Mixer for Smart Phone/Tablet PC/Smart TV Free 2 microphone 
KAD001-2に付属のマイクです。おもちゃみたい。動くんでしょうか?
車内カラオケ
KAD001-2にはいろいろな端子が付いています。こちらはUSB電源とスピーカーへの出力端子ですね。ちなみにバッテリーが内蔵されているので充電しておけば電源を接続する必要なありません。
DSC03559

こちらはマイクの音量とエコーのボリュームです。DSC03558

そしてマイク接続端子。2つのマイクを同時に接続出来ます。出っ張ってる部分はPTM-BTR1に接続します。DSC03560

環境が整ったところで、カラオケJOYSOUND+(Android版)をインストール。メニュー画面はこんな感じ。Screenshot_2015-06-16-11-29-19

フルコーラスで歌うには利用券を購入する必要があります。利用権は1ヶ月で360円です。Screenshot_2015-06-16-11-29-29

Nexus7をマウントした状態で、カラオケJOYSOUND+を起動するとこんな感じ。横画面には対応していないようで、最高のローテーション制御で無理やり回転させていますが、メニューの一部しか表示されません。車内カラオケ

トップメニュー以外は横画面でも切れることはないようです。マイデータ画面では、履歴、お気に入りやプレイリストを表示可能。車内カラオケ

曲を選択すると、このような画面で、ガイドボーカルや採点モードの設定を行ってから、歌うようになっています。
DSC03580

では、一曲歌ってみます。ちなみに利用券を購入していない場合は45秒間で再生が止まります。
DSC03582

 

画面に歌詞が表示されるので、それを見ながら歌います。歌いながらでも、キーやテンポを変えることが出来ます。DSC03583
で、歌ってみてどうだったかといいますと、なんとなく周りに聞こえてそうで気になります。すこしだけ音が漏れるので、周りに人がいるところではちょっと聞こえるかもしれません。

1人で歌うのは周りに見られると恥ずかしくて、人のいるところでは無理ですね。もちろん運転手が運転しながら歌うのは危険です。

ただ、友達や家族と出かけるときに、車内にカラオケがあると楽しいし、退屈しないとおもいます。車が動いている時とか、高速道路とかでは誰かに聞こえる心配は殆ど無いと思いますので、遠くに出かけるときなんかにはちょうどいいかもしれません。

で、最後に一つ言わせてもらいますと…

カラオケJOYSOUND+重すぎて使えない

Nexus7のスペックが低いからかもしれませんが、とにかく重いです。最新の機種だとまともに動くのかもしれませんが。

ということで、今回は実験的にやってみたかっただけなので、よしとします。

車内の情報化はこれからどんどん進んできます。AndroidAutoが普及してくれば、車内カラオケはキラーコンテンツになると思いますので、今後に期待したいと思います。