ブログってほんとに儲かるの?有名ブロガーが「ブログで副業」を進める理由

ブログで副業。ブログ収入を必要にアピールするブロガーたち

最近良く見る、ブロガーによるアクセス数や収入の公開記事。

「先月のアクセス数は◯万PV,収益は◯万でした。」

報告するだけならまだわかりますが、毎月何十万も儲けていることをアピールして、他人にも「ブログで副業」を勧めているのをよく目にします。

特に嫌らしいのが、会社勤めの人を馬鹿にして、上から目線でブログだけで十分稼げるアピールをしてくる人。

「いつまで会社に搾取されてるの?僕はブログを書くだけで月100万以上稼いでるよ」

こういう記事を真に受けて、会社をやめてブロガーで稼ごうとしている人も増えています。

確かに、中には成功するブロガーもいるでしょう。

ただ、こういう記事を書くのは、記事を書く本人が儲けるために書いているということを忘れてはいけません。

ちょっと気に障るような煽りタイトルや、儲け話を巧みに利用して、アクセスを稼ごうとしている人もいます。

儲け話は、手っ取り早くアクセス数を稼ぎやすいですから、ブログからの収入を増やすために書いている人も多いのです。

つまり、ブログでの稼ぎ方のノウハウをアクセスに変えることで収入を得ているわけです。

これは、だれでも簡単に儲かると謳った儲け話をネットで売る「情報商材」と同じ構造です。

「この私でも出来たから誰でも出来ます。なにもしなくても自動的に儲かります。」

誰でも簡単に儲けられるという「美味しい話」をネットで言葉巧みに売りつける情報商材と、ブロガーによる「ブログで副業のススメ」は構造的には同じような仕組みなのです。

簡単に儲けられるという話なんてありません。世の中、そんなうまい話があれば誰も苦労しないのです。

そして、多くの人が情報商材に騙されて、まったく価値の無い情報を高値で買って失敗しているのです。

そもそも、ブログで副業ってホントに儲かるんでしょうか?

ブログってホントに儲かるの?殆どの人が失敗する事実

ブログが儲かるかといえば儲かります。ただ、収入が出るレベルまでいくには、非常にハードルが高い。

もちろん、月2,3万でもいいから、収入の足しになればいいからという純粋な副業としてなら、努力すれば可能だと思います。

でも、毎月ブログ収入だけで生活出来るレベルに出来るのは、ほんの一握りの人です。

現実にブログだけで生活している人はごく一部なのです。

ブログが副業ならまだ本業の収入がありますから、もしブログが儲からなくても生活は出来ます。

何十万も儲かるんなら、本業をやめてプロブロガーを目指す!

いままで自分はただの社畜だった。これからは自分の好きなことで食べていくんだ!と本業を辞めて、専業ブロガーを目指したとしても、殆どの人が失敗するのが現実なのです。

どうして、ほとんどの人が失敗するんでしょうか?

Blog World Expo 2008

全然アクセスが増えない!ブロガーが唱えるアクセスアップ方法は本当?

最近、ブロガーは、お金になるコンテンツとして「ブログで稼ぐ方法」を惜しげも無くネットに公開し始めています。

リアリティがあればあるほど注目されますから、アクセスアップ方法などが具体的に書かれています。ありとあらゆる方法でアクセスアップをする方法が紹介されています。

「この記事に書いたことさえ出来たら儲かります!」

でも、実際に書いてあることをやってみても、アクセスが増えないのは何故でしょうか?

それは、アクセスを増やすための大前提として、コンテンツとしての価値がなければ、見向きもされないからです。

いくら努力してSEO対策をして書いたブログでも、読む人にとって価値の無い記事は、誰からもアクセスされないのです。

そもそも、価値あるコンテンツを作ることが出来れば誰だって儲かります。

要するに、「この記事に書いたことさえ出来たら儲かります!」というのは当たり前のことが書いてあるだけで、それを実際にやるのは相当難しいということです。

コンテンツ全盛期。コンテンツの価値がゼロになる日

今の時代は、毎日ものすごい量のコンテンツがネット上に公開されています。

ネットメディアがどんどん増え続けて、記事の数が爆発的に増えてきているのです。

そんななか、個人がブログを書いたとしても、似たような記事はいくらでもあります。思いつきで書いただけの記事では、ネットに溢れる、より質の高い記事に負けるのは目に見えています。

高品質な記事がどんどん公開されるので、個人がいくら頑張ったところで、情報としての価値はほとんどないのです。

コンテンツが少ない時代は、記事の質が低くても需要はありましたが、現在ではコンテンツが溢れていますので、記事の質が低ければ誰もアクセスしないのです。

先程も言ったように、質の高いコンテンツを作ることが重要ですが、コンテンツの質で競合サイトに競り勝つのは、個人のブログでは難しくなってきています。

ポイントは競合しないこと。コンテンツの質で競うのではなく、「価値を創造する」

では、ブログで稼ぐためにはどうすればいいのでしょうか?

質の高いコンテンツを作るには、時間能力お金も必要です。個人では、出来る範囲に限界があります。

いくら能力があっても時間がなければ、質の高い記事は書けませんんので、副業のように限られた時間のなかでやるのは難しいですし、時間があっても、能力とお金がある大手メディアに勝つのは至難の業です。

でも実は、コンテンツの質にこだわらなくても、需要を生み出すことが出来る方法があります。

それは競合しないことです。正面から勝負すると勝てないから、あえて競争しない記事を書くのです。

たとえば、「ブログで副業についてのまとめ」という記事は、ネット上に溢れています。「ブログで副業」することについて知ってさえ入れば誰だって書くことが出来るような記事は、他にもいくらでも有ります。

でも、「ブログで副業なんか時間の無駄」という記事は、個人の意見を記事にしたものですから、他に同じものはありません。自分の意見を主張したり、少し違った観点から記事を書くことによって、それが唯一無二のコンテンツになるのです。

大事なのは「コンテンツの価値を創造すること」です。

他の誰もやっていない(可能性が高い)記事を書くことが、競争に巻き込まれない戦略として必要なのです。

Drawing competition for school kids

自分を売り込め。セルフブランディングの戦略を持とう

ブログで自分の意見を書いたところで、ただの日記になるんじゃない?

赤の他人の日記を読みたい人なんてほとんどいませんよね。自分が思ったことを書いたからといって、それだけで人気が出るわけではありません。

大事なのは自分を売り込むことです。自分のキャラクター性、アイデア、発想を他人に与えるのです。

やっぱりこの人が書いたら面白いなと思ってもらえる記事を書く。

自分が書いた記事を、共感してもらえる人に読んでもらうということが出来れば、コンテンツにブランド力を持たせることが出来ます。

強力なブランドにするには、自分の意見だけでなく、プライベートも含めて自分というキャラクターを徹底的にオープンにする必要があります。

自分をブランド化することで、ファンがつくのです。

そして、ブランドが確立すると、コンテンツ制作競争から逃れることが出来ます。同じようなコンテンツばかりを量産して時間をムダにしないためにも、ブランド化は、強力な武器になります。

これからの時代、コンテンツで稼ぐには、自分のファンに成ってくれる人を増やすことが重要なのです。

コンテンツをいくら作っても、儲からなければ生活できません。

誰もが情報発信する時代ですから、従来のようにコンテンツさえ用意すれば儲かるという時代は終わりました。

だから、自分のブランド価値を高めることがブログ副業にとって重要なのです。