今年の夏はブレスエアーで寝るのが快適。ウレタンでは寝苦しいのは当たり前。

ブレスエアー

ブレスエアー 上のラーメンのような画像、一体何だか分かりますか?

もちろんインスタントラーメンではありません。

ラーメンじゃなかったら、はるさめ?

う~ん、全然違います。

これは、ブレスエアーといって、椅子やベッドのマットとして使われている素材です。

ブレスエアーは東洋紡が開発した写真のような三次元構造の新素材で、何年か前から注目され始めました。ウレタンとブレスエアー

今でもマットレスの素材で圧倒的に人気があるのがウレタン。

人気の低反発マットレスもほとんどウレタン素材です。車のシートやオフィスチェア、電車のシート、もう何処にでもウレタンが使われています。

どうしてそんなにウレタンが人気なんでしょうか?


現状、ウレタンに変わるものって無いんでしょうか?

ウレタンは日本の暑い夏には向いていない

ぼくは、1年以上前からベッドのマットレスとしてウレタンに変えてブレスエアーを使っています。

ブレスエアーは、日本の暑い夏に最適なマットレスです。

まだ、ウレタンのマットレスで寝苦しい夜を過ごしてるんですか?

夏場、ウレタンのマットレスが寝苦しいのは通気性の悪さが原因です。

次の分布図を見て下さい。

製品の種類右に行くほど通気性がよい製品になります。

ウレタンはというと、とにかくものすごく通気性が悪い。

夏場、そんなマットレスを使っていれば寝苦しいのは当たり前なのです。

どんなに有名な低反発マットレスであろうが、通気性を謳ったウレタン製品であろうが、ウレタンである時点で、通気性に関して期待してはいけません。

ウレタンは高性能なことに加えて、製造時に柔軟に特性を変えることができるため、本当に様々な分野で使われています。

しかし通気性に関しては、どうやっても良くなりません。

そもそもウレタンは、日本のような夏場は熱帯夜が当たり前の地域には向いていないのです。

わざわざ夏に暑苦しいマットレスなんて使いたくありませんよね。

ぼくは、ブレスエアーにして、夏でも快適な睡眠を手に入れました。

ちなみに、ブレスエアーの他にも、エアリープラス、エアウィーヴといった製品も、ブレスエアーと同様に高い通気性を持っています。

ぼくの寝室は2階にあって夜でもエアコン無しでは毎日30度を超えるのが当たり前。

それでも、エアコンは一切使っていません

ぼくがやっている寝室の暑さ対策についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

もう、ウレタンマットレスで寝苦しい思いをするのはやめましょう。

これだけブレスエアーをおすすめする理由は、そもそもウレタンが日本のような高温多湿な気候に全く向いていないからです。

 

ブレスエアーの3つのデメリット

本当にブレスエアーをおすすめするのですが、ブレスエアーが万能ではないということも書いておきます。

ブレスエアーがウレタン系マットレスより劣る所はどこか?

これは賛否両論ありますが、ぼくなりの解釈では、

  • ウレタンよりヘタりやすい
  • 耐熱温度がウレタンより低い
  • 夏はいいけど、冬場は寒い

というデメリットがあります。

 

ウレタンよりヘタりやすい

ブレスエアーは東洋紡の試験で十分な耐久性があることが証明されていますが、ウレタンに比べるとやや耐久性では劣ります。

ウレタンでも長年使っていればヘタってきます。

ブレスエアーの場合、ウレタンよりさらにヘタりやすいということなのです。

これは大きな問題ですよね。

だって、一度ヘタったマットレスを使うと体を痛めることになりますし、捨てるのだってお金がかかります。

 

耐熱温度がウレタンより低い

ブレスエアーの耐熱温度は70度程度。ウレタンの場合は100度以上の物もありますからブレスエアーの耐熱温度は低いのです。

そのため、冬場に電気毛布などの暖房器具をブレスエアーの上に敷いて使う場合は、通常よりもヘタりやすくなります。

これも大きなデメリットですね。

 

夏は涼しいけど冬場は逆に寒すぎる

通気性が非常にいいのですが、冬場は熱がすぐに逃げて布団の中が温まりにくいのです。

ぼくは、冬場でもブレスエアーを使っているのですが、しっかりと対策をすれば、特に寒いと感じることはありません。

ただ、どうしても寒ければ冬場にブレスエアーを使うのはやめたほうがいいと思います。

ブレスエアーは夏に使って、冬場はウレタンマットレスを使うのが理にかなった使い方なのです。

 

それでもブレスエアーをおすすめする理由

これだけデメリットがあるブレスエアーをどうしておすすめするのか?

そもそも、高級なマットレスであろうが、ウレタンであろうが、ブレスエアーであろうが、必ずどこかにデメリットがあります。

ウレタンの場合、夏場は暑い、ダニやホコリがたまりやすいく水洗いも難しいというデメリットがあります。

現状では全くデメリットのない完璧なマットレスは存在ないのです。

ブレスエアーのデメリットで一番大きい問題はへたりやすいという点です。

一度ヘタってしまえば、ただの粗大ごみになってしまいます。

そこでおすすめするのがアイリスのエアリーマットレス。内部の素材はブレスエアーで、3つ折りになっています。

アイリスオーヤマ エアリーマットレス シングル ホワイト MARS-S
アイリスオーヤマ(IRIS)
売り上げランキング: 626

  
重要なのは、3つ折りのそれぞれの部分のブレスエアーを入れ替えることができる点。

大抵、最初にヘタるのは腰の位置にある真ん中の部分です。

つまり、真ん中がヘタってきた時点で、頭の部分や足の部分と入れ替えて使うことで3倍長持ちさせることができるのです。

ぼくはブレスエアーを一年以上使っていますが、特に夏の快適さは特筆ものです。

それともう一つ大きかったのが、体が痛くならないということ。

ベッドの上で、本を読んだりしていると体がすぐに痛くなってきたりします。ですがブレスエアーの場合、姿勢を少し崩しても全然体が痛くならないのです。

ブレスエアーでベッドがものすごく快適な場所になったのです。

ブレスエアーが現状では一番理想的なマットレスである理由をこちらの記事で詳しく書きましたので興味のある人は参考にして下さい。

ちなみに、これだけヘタりやすいと書いていますが、ぼくは1年以上使っても、ほとんどヘタっていません。

実際には賛否両論あるようなのでデメリットとして書いていますが、僕自身はヘタりやすさは特に感じていないのです。

 

ブレスエアーは一番合理的な選択肢

最後に一つだけ書いておくと、ヘタりやすいという理由でブレスエアーを使わないのは勿体無いです。

そもそも、日本の夏にはウレタン系マットレスは向いていません。

ブレスエアーはデメリットも含めて総合的に考えても、現状では一番合理的な選択肢だと思うのです。

それでは!