ドコモからMVNOへの移行で失敗して大損した話。

楽天モバイル
MNP

ドコモからMVNOへの移行で大損した!

先日の記事でも書いていたようにドコモから楽天モバイルへの移行が終わりました。

ドコモの更新月が来たので、iPhone6sの購入も含めていろいろと検討した結果、MVNOへ移行して徹底的に節約しようと思いました。

やはり、3大キャリアを使っていると携帯料金を大幅に減らすことは出来ないのはハッキリしていますので、思い切って楽天モバイルへの移行を決断したのです。

ただ、何かとややこしい携帯関係の契約。ろくに下調べもせずにやったのでいろいろと失敗を犯してしまいかなりの損失が出てしまいました。

3大キャリアからMVNOへ移行するのは、そんなに難しいことではないのですが、私のように契約手続きが思ったようにいかないことも考えられます。

記事の中で詳しく説明しますが、私としてはMVNOへの移行で節約しようと思っていたので、かなり痛い失敗となってしまいました。

失敗の連続。節約のはずが大損した話。

私がドコモから楽天モバイルへの移行を決断したのは、9月の更新月も終わりに近づいた27日。

数あるMVNO業者の中から楽天モバイルに決めた理由は、楽天モバイルの機種代半額キャンペーンがあったからです。(既に終了)

まぁ他にも料金面、回線品質等でも特に問題はないと判断していたので、当面は楽天モバイルを使うことに決め、早速、MNPの手続きに入りました。

楽天モバイル

 

楽天モバイル契約時の入力ミス

MNPで移行する際の契約の流れとしては、

ドコモのMydocomoからMNP予約番号を発行し、楽天モバイルのサイトから申し込み、本人確認書類をアップロードして本人確認を済ませた後、SIMカードが送付されるという至って簡単なもの。

何処で失敗したのかというと、楽天モバイルの申し込み時点での入力ミス。それが原因で、9月中のMNPが不可能になり、ドコモに違約金を支払う必要が出てしまいました。

問題が発覚したのは、楽天モバイルの本人確認の段階で本人確認サイトへのログインが何度やっても出来なかったから、サポートへ連絡した結果、申し込み時に入力した生年月日が間違っていたとのこと・・・。

しかも、申し込み後の変更は不可で、申し込みをキャンセル後に再度の申し込みとなりました。その時点で9月28日で9月中のMNPでの移行はほぼ不可能となってしまったのです。(ネット申し込みの場合)

 

違約金がかからないような契約変更で失敗

それからさらに失敗は続きます。

更新月の9月中に移行することが難しくなったため、10月にMNPしても違約金が発生しないようにするため、ドコモショップへ。

普通の契約では、更新月以外に解約すると違約金(9500円)が発生します。

ただ、カケホーダイの定期契約なしプランの場合、2年縛りが発生しません。

その契約変更のために、ドコモショップで、「10月からカケホーダイの定期契約なしプランにして欲しい」とお願いしたのですが、対応した店員も意味がわからなかったようで、なぜか9月途中からカケホーダイを適応されてしまいました。

旧料金プランから「データプラン契約なしのカケホーダイへの契約変更」の場合、月途中で変更すると2重課金となってしまいます。

つまり、9月分は旧料金プランとカケホーダイの料金を両方支払うことになってしまったのです。

ドコモショップの店員に、二年縛りが発生しないようにためのプラン変更と説明したのですが、そんなことは出来ないの一点張りで・・・。

どうして、店員でも理解できないような、ややこしい料金プランを作ったのでしょうか?

まぁ、自分でもよく理解していなかったのも原因がありますが、結局は違約金を払うとのと同じぐらいの費用がかかってしまったわけです。

 

更新月中にMNP手続きを完了させる必要がある

ドコモからMVNOへ移行するのも、ドコモからauへ移行するのも基本的には同じことですから、特別難しいことではないのですが、更新のタイミングには注意が必要です。

もし更新月にMVNOへの移行が出来なければ転出キャリアに違約金を支払う必要が出てきます。

特にMVNO業者はネット申し込みが多いので即日MNP手続きは基本的には不可能

ですから、月の終わりギリギリでのMNPは避けるべきで、せめて1週間程度は余裕をもって移行するのがベストでしょう。

 

長い目で見ればかなりの節約になる

ということで、いろいろと失敗してしまったのですが、なんとか楽天モバイルへの移行が完了し無事に使えています。

楽天モバイルについては、移行前にはいろいろと心配していたのですが、ピーク時の通信速度はやや低下したのですが、今のところ実使用上の大きな影響はありません。

その上、月額料金はドコモの時と比べると半分近くまで下がりました。やっぱり、3大キャリアと比べて格安で使えるMVNOは長い目で見ればかなりの節約になると思います。

今回は、MVNOへの移行で失敗したという記事でしたが、折角MVNOで節約をしようということですから、出来たら最低料金でMNP移行をしたいものです。

ではまた!