どうして人は他人のために消耗し続けるのか?

疲れた

バカ正直で真面目な人ほど他人のために消耗しやすい

もうね。僕は他人のために消耗するのはやめます。

まぁ完全にやめることはできないでしょうけど、誰のためかわからないような無意味な作業や人付き合いは、これから最小限にしていきたい。

どうして皆んなそんなに他人のために消耗するんでしょうか?

こういうことはもっと早く気づくべきだったと思います。出来れば20代のうちに気づいておきたかった。

思い返せば会社員時代なんて、毎日毎日決まった時間に通勤して、長時間労働。

僕にはとことん会社員なんていうものには向いていないなぁと思っています。

もうね。はっきり言っておきますけど僕はこういう人間なんですね。

いったい僕たちは何のために生きているんでしょうか?

もう消耗しないでいい。苦労の9割は無駄な努力。

まあ、僕も含めてそうなんですけど、他人のために重荷を背負い込みすぎているんじゃないかと。

苦労しても結果に見合わなければ、もうそれは消耗なんですね。言い方は悪いですが、それは無駄な努力ということなんです。

いろいろやってみてわかったのは、僕みたいに真面目にバカ正直に頑張りすぎる人は、

それが自分のためにもならないような事とわかっていても、それをやめるのが怖いんです。要するに決定的な判断から逃げているっていうこと。

結局逃げているだけなんです。修羅場が怖いから逃げているんですよ。

人生を変えるような決定的な判断から逃げていると、何時までたっても他人のために消耗することになります。

逃げまわっているから疲れる。消耗する。そういうことです。

こういう人は、周りから見れば頼りにされていたり、頑張っている人に多い。

もう消耗しないでいいんです。自分のやりたいように生きていく方がよっぽど楽しいんです。

大事なのはその決断できるかどうかです。まだあなたが若いならいくらでも変えることができます。まぁこんなこと書いても出来ない人は出来ないんですけど。。。

 

他人ではなく自分の内面と向き合うことが大切

もうね。人間というのは難しいですね。生まれ持った性格はなかなか変えることが出来ません。

問題なのは、他人のことを意識しすぎたり、他人の期待に答えようとする性格。これはもうね、百害あって一利なしです。

いやまぁ一利ぐらいはありますかね。でも結局自分のためにはなりません。

こういう人はまず認められないんです。自分の内面の弱さを。見られるのが怖いんです。間違うのが怖い。

だから取り繕うんです。これが逃げるということなんです。

大切なのは自分の弱さを受け入れること、ありのままの姿で生きていくこと。

自分の欠点も含めて自分という人間と向き合うこと。それが出来た瞬間から自分の人生を自分のものにしていくことが出来るようになります。

それが内面と向き合うということなんです。

 

自分の感覚で行動しないと、結局消耗する

要するにね。自分の判断が間違っているか、正しいかどうかじゃないんです。

自分の感覚を大事にするかどうかが肝心なところです。自分の感覚を大事にしない人は結局、他人のために消耗することになります。

もうこれはそういうもんなんです。いくら頑張っても、苦労しても、そういう人は自分の人生を自分のために生きていくことは出来ません。

もう一度いいますが、大切なのは自分の感覚で生きていくことなんです。もう他人のために消耗しないでいいんです。

そうか。生きることは表現することなんだなぁ。

ワッショイ!