仕事をやめました。何ももたない人間が、フリーランスでやって行くのは可能なのか?

高松

毎日、仕事ばかりでつまらない日々を過ごす人生はどうなんでしょう。ずっと、そんな思いがありました。

当たり前のように自分のやりたいことが出来る人

私が今までやってきた仕事って、なんか違うというか、結局自分は何が出来るのかっていうところが、自分でもわからないんです。

結局、自分の将来についてあまり考えてこなかったのが悪いんですが、私の場合、自分のやりたい仕事っていうのが、よくわからないんです。そういう意味では、やりたいことがある人ってすごく羨ましいです。

小さい頃から自分のやりたいことを自然にやって、当たり前のように、それを仕事にしている人ってすごいです。なんか自分とは正反対のような気がします。

どこにも自分の居場所が見つからない

私の場合、小さい頃から、ほとんど自分の意見をいうことがなくて、いつも、周りに流されながら生きてきた気がします。そのまま成長していけば、勝手に大人になって、普通に暮らしていけると思ってたところもあります。生きていく楽しさみたいなものも、あまりなかった気がします。

大人になってからも、仕事をしていてもつまらないし、楽しいと思えることがほとんどありませんでした。仕事が自分に合ってないんじゃないかと思ったりするんですが、結局、いつまでたっても自分が出来る事、やりたいことがわからないんです。

そういう悶々とした日々を過ごしていたんですが、最近仕事をやめて、もう一度、「自分の将来を真剣に考えよう!」と決心しました。

いつまでも、中途半端な気持ちで生活していれば、絶対に後悔することになると思って、これからの人生の戦略を考えなおそうと思いました。

もういちど、イチから考えなおす

1週間ぐらい一人旅に行きました。それから、1ヶ月間、自分のこれからのことを考えました。結論は出ませんでした。どうあがいても、うまくいきそうな感じがしませんでした。

30代前半で、ほとんどフリーター経験しかない私には、もう道が残されていないように思いました。会社や組織で働くにしても、それなりの経験やスキルが必要で、今から新しく何かを始めるということは難しいように思いました。

時間を掛ければ、自分の能力を伸ばしていけるかもしれませんが、今の自分に残されている時間はそんなにありません。

DSC02681

1年間やってみて無理なら諦める

そこで、組織に属さない生き方、フリーランスの方向でやってみることにしました。もともと、組織に属して仕事をするのが好きじゃなかったし、そのほうが自分に合ってる気がします。

とりあえず1年ぐらいやってみて無理なら諦める。そのあいだ、収入がないので短時間のバイトでもしながら続けていく予定です。

フリーランスで、生計をたてるのは難しいのはわかっていますが、1人で経験やコネクションを得ながら、やっていくことが出来ます。最悪、フリーランスが無理でも、そこから新しい方向性が見えてくるかも知れないという感じです。

1年で方向性がでなければ撤退します。仕事が無ければ生活していくことは出来ませんし、これ以上、親に心配を掛けるわけにはいきません。

今はとにかく、前に進むしかない

今は、とにかく1日1日を大切に、出来るだけのことをしていこうと思っています。手始めに、1ヶ月かけてコンテンツサイトを制作しました。とりあえずサイト作ってみることで感覚を掴みたかったんです。

今後は、このブログを育てていこうと思います。ブログを成功させるために必要なことも、その中で得られることも、いろいろ考えながら、やっていきたいと思います。

とりあえず、今の自分の立ち位置はこんなところです。もうこれ以上捨てるものがない状態なので、ひたすら前に進んでいきたいと思います。