国民全員が副業する。『1億総副業社会』でGDP600兆円は実現可能。

アイキャッチ

安倍政権肝いりの『1億総活躍社会』

増え続ける国の債務。この先日本は一体どうなってしまうんでしょうか。

そこで安倍政権が起死回生の策として出してきたのが、『一億総活躍社会』よく言われる「GDP600兆円」の実現などを柱としたアベノミクスの第2弾ですね。

これだけ経済成長が鈍い状況で「GDP600兆円」なんて本当に可能でしょうか。現状では数字のマジックでも使わないかぎり達成は難しいという声もあります。

現状のGDPが約500兆円程度なので600兆円を達成するには、国民一人が稼ぎだすお金を20%程度増やさなければいけません。

つまり簡単に言うと全国民の収入の20%アップ。

ここ数十年間いろいろな対策をしてきたのに実質賃金が上がらなかったのに、たった数年でそんなこと本当に可能なんでしょうか。

だって考えて下さい。

「GDP600兆円」を実現するには一人ひとりの収入を20%も増やさなければなりません・・・。

「う~ん、いままでだって必死に頑張って働いてきたのに、これ以上どうしろっていうんだ!」


「庶民をバカにするのもいいかげんにしろ!」

という気もしますが、これは国民全員が副業をすることによって解決します。

国民全員が副業。総副業時代に乗り遅れるな!

「国民全員が副業に参加? おいおい冗談だろ!?」

と思われるかもしれませんが、これは実際に実現可能じゃないかと思っています。国民全員が副業すればGDP600兆円も夢ではないのです。

非正規労働者が4割を越え、もう日本の雇用環境は崩壊寸前。正社員でもブラック企業などが問題となる時代です。

企業経営だって厳しい競争に晒されています。こんな状況も、今の経済環境の中で企業が生き残るために必死に努力した結果なのです。

もはや以上企業頼みでは先行きが見えない状況ということです。豊かな「一億総中流社会」を維持するには、これ以上、企業に頼っていてはいけないのです。

そこで、個人でも簡単に始められる副業なのです。副業が日本経済を救う可能性があるのです。

「あぁ、またバカなことを言っているな」と思われるかもしれませんが、もうすこし詳しく説明していきます。

 

『1億総副業社会』でGDP600兆円は実現する

これからの時代は個人がリスクをとっていく時代です。誰もが企業に勤めて働くだけで十分な収入を得ることが出来る時代ではないのです。

一人ひとりがリスクに挑戦して新たな価値を生み出す。もう、そういう時代になって来ているのです。もう活躍の場所は企業の中だけではないのです。

これからの時代を生きるためにはリスクの分散を意識しましょう。

企業に勤めているからといって、それで安心という時代ではありません。少し状況が変われば、いつ首を切られてもおかしくない状態なのです。

だからこそ今のうちに副業でリスクを分散すべきなのです。そういう時に備えて副収入が入るようにしておく時代なんです。

これからは『一億総副業社会』なんです。

これはもうね。今から予言しておきますが嫌でもそうなっていきます。う~ん、僕も乗り遅れないようにしたいですね。

ネットのおかげで個人が副業を始めるのに、ものすごく理想的な環境が整ってきていると思います。僕みたいに企業で働くのが好きじゃない人間には本当にいい時代ですねぇ。

ワッショイ!

 

いまからオススメの副業を紹介

ここまで書いておいて具体的な副業について説明しないのもどうかと思いますので、最後に、僕がおすすめしている副業を紹介しておきます。

物販ビジネスを個人が始める時代。副業で無料ECサイトを使って収入アップ

ランサーズでライティングの仕事を依頼してみた。

副業で月2,3万手っ取り早く稼ぎたいならブログが簡単な理由。

着実にお金を増やす方法。残業するより副業しろ!