ランサーズでライティングの仕事を依頼してみた。

こんにちは!以前の記事でも書いたんですが、これからライティングの仕事もやろうと思っています。

ライティングの仕事をするためには、どうするかというと、

  1. 自分で営業活動する
  2. クラウドソーシングに登録する

の2通りあります。でも、実績もない私がいきなり飛び込み営業をしても厳しいでしょうから、まずはクラウドソーシングから初めてみようと思っています。

そこで、比較的ライターによく使われている「ランサーズ」というクラウドソーシングから始めてみることにしました。

ランサーズは、ライティングの仕事も結構ありますから、これからライティングを始めるひとにはおすすめです。

それで早速登録したのですが、実際に仕事をやるに当って、

「何をどんな風に書いていいかわからない」

となってしましました。仕事の依頼内容は、

「◯◯に関するブログ記事、日記を◯◯文字以上で書いてください」

といった感じで依頼されていて、それを書くだけなのですが、自分のブログ以外に記事を書いたことのない私にとっては、どんな感じで書けばいいのかイメージしにくいのです。

ということで、他のライラーがどんな風に書いているのかを知りたくなり、逆に仕事を依頼してみることにしました。

ランサーズでライティングを依頼してみた

今回依頼する仕事の内容

まず、今回依頼する仕事は、

「400文字以上のコンタクトレンズに関する記事、日記」

です。内容に何する制限も特になしで依頼してみます。

コンタクトレンズのサイトも運営しているのですが、更新がほとんど出来ていませんでしたので、今回依頼してみることにしました。

依頼するには、ランサーズに登録を済ませておく必要があります。

仕事を依頼するのはすごく簡単

では、早速依頼をしてみます。

1,仕事のカテゴリを選択する、仕事方式を選択する
仕事の内容にあった、カテゴリを選択します。記事作成の場合は、「記事作成・ブログ・体験談」か、「Webサイトコンテンツ」を選べばいいです。
それから、仕事の方式をプロジェクトタスクから選びます。

ランサーズ

 

2,依頼タイトル、依頼概要を入力
依頼タイトルは、仕事の一覧の中にも表示される、一番大切な部分。依頼タイトルで仕事の内容をイメージしやすいものにしておくといいですね。

依頼概要は、細かい仕事の内容を説明するところです。今回は以下の様な感じに。

コンタクトレンズに関するブログ、日記記事を募集します。
ブログ記事、日記的な内容で、400文字以上を書き上げて頂ければと思います。
他サイトからの引用、コピペ禁止
過去に納品した記事の流用の禁止
オリジナル文章で作成して頂ける方

ランサーズ

 

3,作業詳細を設定
次に、書いてもらう文章を設定します。最初からタイトルと本文の2項目がありますので、それに文字数設定をそれぞれ設定しました。必要なら項目を増やして「タイトル+本文+まとめ」などのように設定します。

ランサーズ

 

4,文体や単価、発注件数などを設定
次に、さらに細かい条件の設定です。文体は、「ですます調」「だ、である調」などから選択します。大抵のコンテンツは「ですます調」ですのでこれを選択。

作業単価x件数の所ですが、始めてなので単価がわからなかったので、他の依頼を参考に400文字90円としました。1文字当たりの単価は0.25円程と非常に低いですが、非常に簡単な記事なのでこれでお願いすることにしました。

発注記事数は単価x記事数が300円以上になる必要がありますので、4記事としました。(90円x4=360円)

一人あたりの制限も設定できます。今回はいろいろな人に書いてもらいたかったので、1人1記事としました。

作業の締め切りは、デフォルトで14日後となっていて、最大で21日後、最短で1日後に設定できます。今回は、とりあえず5日後としました。

それから一番下にある、提案者制限のところで、作業者を制限することが出来ます。特別設定しなくてもいいのですが、今回は「本人確認済み」「機密保持確認済」としました。

ランサーズ

 

すべての入力が終われば「内容を確認する」をクリックして次のページに移ります。

入力内容を確認して「依頼内容を登録する」と選択すると、支払い方法の設定画面に移りますので、クレジットカード、銀行振込、Paypalから支払い方法を設定して、登録完了です。

内容確認

結果の確認、承認

登録完了すれば、以下の様なタスク管理画面が表示できるようになります。
この画面から作業の進捗や作業者を確認できます。

仕事の依頼

 

仕事の一覧にはこのように表示されました。

仕事一覧

 

仕事の依頼ページはこんな感じに見えます。

仕事の依頼

 

登録してすぐに作業中になり、どんどん作業が続々と完了していきます。

作業完了していく

登録からわずか1時間程で4件の作業がすべて完了しました。凄い早さですね。作業内容は詳細ボタンを押せばこの段階で確認できます。

コピーコンテンツチェック(β版)を使ってみた

作業内容をチェックするためのコピーコンテンツチェック(β版)というものが利用できます。コピーコンテンツチェックは、コンテンツがWeb上からコピペされていないかをチェックするためのツールです。

注意:承認すれば利用できなくなりますので、承認待ちがある状態で利用してください。

コピーコンテンツチェック

チェックしたい文章を入力して、「文節に分解ボタン」をおすと、文節ごとにリスト表示されますので、さらにチェックしたい文節を3つまで選択します。

コピーコンテンツチェック文節ごとに、検索がおこなわれて、他のWebコンテンツとの一致度が表示されます。
コピーコンテンツチェック

このような感じで、コピペをチェックすることができますが、実際にはオリジナル文章でもコピーと判別されることも多く、参考程度に利用するべきでしょう。

支払いについて

全部の作業が終わったら、作業内容をチェックして、承認して支払いする必要があります。(3週間以内)

タスク管理画面から承認して、支払いへ進んでいきます。今回請求されるのは360円に消費税を含めた388円

支払い

 

支払いが完了すると作業結果CSVをダウンロードできます。このCSVには作業者IDやコンテンツが含まれています。

支払い

 

以上のような感じで、仕事を依頼することができました。かかった費用は388円で4記事の短い記事を作成できました。

今回の記事ですが、私のアフィリエイトサイトで使用するには、少し使いにくいですね。書いてもらった方には申し訳ないですが。

依頼するときに、もう少し範囲を決めて書いてもらった方が良かった気がします。

例えば、「コンタクトレンズを使っていて良かったこと、悪かったこと」とか具体的な文章を依頼すれば、もう少し使いやすい文章が出来たと思いますので、依頼する際はなるべく具体的に依頼した方が良さそうです。

クオリティーに関しては、単価が低いのでそこまで要求するのも無茶な話ですから、まぁ読めればいいという感じでしょうか。

ということで、これで何となくどんな文章を書けばいいのか分かったので、これからは書く側でやっていきたいと思います。

こんな風に、仕事の依頼はランサーでもクライアントでも可能です。

今回依頼してみてわかったのは、ライティングのスキルはそれほどなくても大丈夫ということ。

スキマ時間を活かしてちょっとした副業なども気軽にできるので、収入を少しでも増やしたいならやってみてはいかがでしょうか?

それで、どんな風に書いていいのかわからなければ、自分で依頼してみるのもいいかもしれません。



クラウドソーシング「ランサーズ」

ではまた!