ローソンの「宮崎の幸味わい弁当」の感想と評価。

宮崎の幸味わい弁当

ローソンのお弁当は侮れないですよ!

僕が以前から大好きなローソンのお弁当「郷土のうまい!シリーズ」に新商品が登場していました。宮崎の幸味わい弁当2016年5月24日(火)にローソンから発売された、「宮崎の幸味わい弁当」。

このローソンの「◯◯の幸味わい弁当」シリーズって本当にハズレがないですよ。以前に、「北海道の幸味わい弁当」の食レポも書きましたが、

「コンビニ弁当の域を完全に超えちゃってます・・・。」

普通にそのへんの弁当屋よりよっぽど美味いと思います。以前は「ローソンの弁当なんて正直言って・・・。」と思ってましたが、時々とんでもないものを出してくるのがローソンなんです。

そして今回紹介する「宮崎の幸味わい弁当」もやっぱり
とんでもない弁当でした。

弁当のパッケージの絵にもすごいこだわりを感じます。
宮崎の幸味わい弁当↑のように毎回、手書き風の絵をあしらったパッケージでなかなかかわいい。弁当に対するこだわりを感じます。

う~ん、こういう弁当がもっと増えたら、毎日コンビニ弁当でもいいんだけどなぁ。

では早速、食べていきましょう。オープン!宮崎の幸味わい弁当このシリーズの弁当は毎回↑みたいな感じで紙の箱に入ってます。

箱を開けてみるまで中身が見えないので「中身はどんな風になってるのかなぁ?」と気になっちゃいます。お弁当の包みを取ってから箱を開ける時のワクワク感があって意外に楽しいです。

そしてメニューは↓の通り。
宮崎の幸味わい弁当お品書きが入っています。これはワクワク感が高まります!

今回の「お品書き」は、

宮崎産鶏入り茶飯、宮崎産鶏のチキン南蛮、宮崎産鶏の炭火焼、宮崎産鶏のそぼろ、飫肥天(おびてん)、煮物、日向かぼちゃ味噌漬け、錦糸玉子

 

という感じで今回は、宮崎産の鶏ずくし!!!

 

これで値段が税込み650円と、コンビニ弁当にしては高いですが、内容の割には十分お買い得だと感じました。

そしてお弁当の中身は↓宮崎の幸味わい弁当う~ん、見た目は悪くないですが、ややインパクトは薄いかもしれません。前回食べた「北海道の幸味わい弁当」の見た目の豪華さと比べると少し見劣りします。

盛り付けは綺麗で、ご飯モノとおかずに分けられた容器に盛ってあります。この容器の中にギッシリと中身が詰まっているという感じがしていいと思います。

では、一品ずつ食べた感想をレポートしていきます。宮崎の幸味わい弁当最初に食べるのは「宮崎産鶏のチキン南蛮」。

大きさは一口大にカットされていて一見するとカラ揚げみたいですが、こちらはチキン南蛮ということでタルタルソースがかかっています。

食べた感想は、お肉の油っこさがなく、すごくしっとりした食感。弾力のあって食べごたえのあるお肉で、普通のから揚げとは全然違います。

衣は厚めでサッパリとした薄い味付けになっており、タルタルソースの爽やかさで「美味いなぁ、これ。もっと食べたいなぁ。」という感じになりました。

1番驚くのはお肉自体に臭みが無いこと。やっぱり宮崎産の鶏肉はおいしいですねぇ。

つぎは、「宮崎産鶏の炭火焼」

宮崎の幸味わい弁当↑の真ん中でご飯の上に乗っているのが「宮崎産鶏の炭火焼」。

大きさは少しずつ食べられるように、かなり小さめにカットされています。色は少し黒っぽくなっています。お世辞にもそんなに美味しそうには見えません。

「えっ・・・、これ美味しいのか!?」

と思って一口食べてみたんですが、これ炭の香りがめっちゃいい感じです。本当に炭で焼いてるんですかねぇ。これ。

鶏肉自体はチキン南蛮と同じく弾力のある食感。

といっても硬いわけではなく柔らかすぎず硬すぎず、適度な硬さがあって、噛む度にお肉の旨味が感じられます。

つぎは、飫肥天(おびてん)。
宮崎の幸味わい弁当↑が飫肥天。飫肥天というのは宮崎県日南市飫肥地方の郷土料理で、魚と豆腐で作ったさつま揚げのような食べ物。

食感はタンパクでパサパサしています。プリプリした食感のさつま揚げとは全然違います。

う~ん、なんか素朴な感じがするサッパリとした味わい。今度、宮崎に行ったら本場の飫肥天を食べてみたいなぁ。

つぎは、「宮崎産の鶏のそぼろ」
宮崎の幸味わい弁当ご飯の上には宮崎産の鶏肉で作ったそぼろが乗っています。

色はすこし薄めですね。この弁当のシリーズはあっさりとした味付けがいいと思います。全体的に薄味に仕上がっていてすこし上品なお弁当を食べているという感じがあります。

そして、そぼろの下のご飯は、宮崎の幸味わい弁当「宮崎産鶏入り茶飯」ということで鶏肉の旨味が詰まった炊き込みご飯となっています。味自体はほとんどしないぐらい薄味で、ほんのり鶏の旨味が感じられる程度。

鶏そぼろや炭火焼きなどのおかずと一緒に食べるとちょうどいい塩梅となります。

最後に紹介するのは「日向かぼちゃ味噌漬け」
宮崎の幸味わい弁当この始めて食べたんですが、かぼちゃのお漬物です。どうやらこちらも宮崎県の特産品みたいですね。

歯ごたえはポリポリした感じでタクアンのような食感。塩気があって、ほんのりとお味噌の味がするお漬物になっています。

う~ん、これも美味しいなぁ。生のかぼちゃの独特の匂いというか、瓜っぽいの香りが癖になりそうです。

 

「宮崎の幸味わい弁当」を食べた感想

というわけで、ローソンの「宮崎の幸味わい弁当」を食べてみました。

感想としては期待した通り美味しかったです。このシリーズのお弁当はあまりお店に置いてないんですが、もしまた見つけたら食べたいですね。

このシリーズは本当にオススメです。ローソンの弁当とは思えないぐらいおいしいです。

最後に一言。奈良県民としては、「奈良の幸味わい弁当」出してほしいなぁ(笑)

ではまた。それから、美味しいものに目がない#kurasitenの食レポ記事はこちら