暑い夏を快適に過ごす。無印良品のファン・サーキュレーター

ファン・サーキュレーター

毎年夏になると、無印良品のファンとサーキュレーターが人気です。「今年こそ買いたい!」って思ってもなかなか買えないですよね。

無印良品のファンやサーキュレーターは、愛用者も多くて、品質も高いのでおすすめなんですが、「どれを買っていいのかわからない?」って人も多いのでは?

無印サーキュレーターラインナップ

 

我が家では、無印のサーキュレーターを2台持っていますが、毎年夏になると大活躍してくれます。サーキュレーターと扇風機の違いは、サーキュレーターは空気を循環させるように風が押し出されるように出てきますが、扇風機の場合、風は前面から出ますが、広範囲に拡散して空気がうまく循環しません。

ちなみに、エアコンは使っていません。

エアコンの風ってなんか嫌なんですよね。そこまで暑くなければ、エアコンがなくても、サーキュレーターだけで過ごすことも出来ますし、どうしても暑ければ、エアコンの冷房と合わせて使うと過ごしやすい空間が作れます。

そんな快適で過ごしやすい空間を演出してくれる、無印のファン・サーキュレーター。今年の最新モデルをチェックしましょう。

サーキュレーター(低騒音ファン)

サーキュレーター

 

サーキュレーター(低騒音ファン)税込み3900円

これが一番スタンダードなタイプ。僕が使ってるタイプもこれです。羽の形に特徴があって、音が出にくい設計になっています。無印のサーキュレーターはデザインもいいですが、設計もしっかりこだわってます。

内部

グリルの部分が取り外しできるので、中が掃除し易いのもいいですね。

色は、ホワイトとブラックの2色から選べます。ホワイトはインテリアに合わせやすいですね。

ホワイト・ブラック

細かい特徴も見て行きましょう。

風量は3段階(強・中・弱)に切り替えができます。ポイントは、運転音がすごく静かなこと。弱や中では運転音がすごく静かです。ただ強の場合は、それなりの音はあります。僕の場合は強にすることはあまりないのですが、どんな使い方でも静かなのはうれしいですね。

向きは6段階で調整が出来ます。真上に向くので、下から当てて洗濯物を乾かしたり、部屋の空気を天井に向かって循環させることもできますね。

角度調整は6段階

サーキュレーターは、部屋の空気を循環させて使うのが基本。部屋に空気の流れを作り出すことで、湿気などもたまりにくくなります。どよ~んとした感じの空気って気分も悪くなりますよね。そういう時は、窓を開けてサーキュレーターを外に向けて、部屋の空気を出せば、部屋の空気が入れ替わってスッキリします。

エアコンと併用するなら、エアコンの送風口に向けて使うと効果的です。エアコン単体で使うよりも、電気代も節約できます。サーキュレーター自体の消費電力は、強で15W(50Hz)、弱で7W(50Hz)となっています。

サーキュレーターの効果的な使い方に関しては、無印良品の製品サイトに詳しく載っているので参考になります。

電気代に換算すると、東京電力の場合、弱で毎日10時間使ったとして、1ヶ月54.41円になります。中では、93.28円、強の場合は、116.60円です。僕の場合は、中で使うことが多いので、電気代は毎月200円以下でしょうね。

サーキュレーター(低騒音ファン・大風量タイプ)

大風量タイプ

サーキュレーター(低騒音ファン・大風量タイプ)税込み5900円

こちらは、すこし大きくて風が強い製品。リビングなどの広い空間に置くときはこちらもいいですね。機能的にも、ノーマルバージョンと同じで、単にサイズが大きくなったモデルです。現行のモデルは2013年に発売された「AT‐CF26R‐W」

風量は3段階(ノーマルバージョンと同じ)、角度調整は6段階(これも同じ)で機能面の違いは特にありません。

サーキュレーターの比較

重さはノーマルタイプに比べて2倍の4kgあります。少し重いですが背面に持ち手がついていますので、持ち運びはし易いです。

それから、サイズが2回りぐらい違う感じですので、小さい部屋で使用するのには向いていないですね。すこし広めの部屋やリビングルームなんかで使うと良さそうです。奥行きだけで26cm近くありますから、置く場所は考えておきましょう。

電源コードの長さを書き忘れましたが、大風量タイプが1.5m、ノーマルタイプが1.6mになっています。どちらも長いとは言えませんが、長すぎても邪魔になりますので、このぐらいでいいと思います。

それと大風量タイプですから、風量も大きいのかと思いきや、弱の場合はそれほど変わりません。ただ、中では、ノーマルタイプの強の2倍ぐらいの風が送られますので、風量が欲しい時には、大風量タイプを選んでおけば間違いないと思います。

値段が5900円と少し高いですが、6月中はお試し価格で10%OFFになっています。夏になると割引はあまりされなくなりますので、安いうちに買っておくのが賢いと思います。

扇風機・リモコン付き(低騒音ファン・サーキュレーションタイプ)

扇風機

扇風機・リモコン付き(低騒音ファン・サーキュレーションタイプ)税込み9800円

こちらは、扇風機タイプ。デザインが格好よくてインテリアにも合いそう。扇風機としてもサーキュレーターとしても使えます。3段階の風量切り替えに加えて、リズム風やOFFタイマー、ONタイマーも付いていて、頻繁につけたり消したりしたい場合にもリモコンがあるので、便利です。

風が遠くまで届くのでサーキュレーターとしても使用できます。少し高いですが、頻繁に使うならこちらのタイプも使いやすそうです。

サーキュレータータイプにはないタイマー機能があって、OFFタイマーは、1,2,4,6時間、ONタイマーは2,4,6時間となっています。タイマー機能は使う人と使わない人にわかれると思いますが、寝る前にタイマーをセットしておいて、寝ている間に付けるとか、そういう使い方をしたい人には便利でしょうね。

その点、サーキュレーターはタイマー機能も首振り機能も付いていませんので、使い方も限られますが、僕の場合、余計な機能が付いていないほうが目的に合った使い方を出来て楽なので、機能が多ければいいというものでもありません。

少し高めですが、こういうデザインの扇風機が欲しいい人なら、オススメできる製品です。

消費電力(50Hz)は、強27W、弱21W、微風13Wとなっていますので、大風量タイプのサーキュレーターより少し低めの消費電力ですね。

USBデスクファン(低騒音ファン・首振りタイプ)

USBタイプ

USBデスクファンデスクファン(低騒音ファン・首振りタイプ)税込み2900円

USBデスクファンは机の上において使うタイプ。自宅のPC机やオフィスなんかで自分専用のファンとして使えます。デスクファンは首振りタイプと首振りが出来ないタイプがあって、こちらは首振りタイプになります。首振りの角度は80度で、台の部分が回転するようになっています。

首振りが出来ると、空気が溜まりにくいのと、常に風に当たらないのがいいですね。常に風に当たると、だんだん疲れてきますから、適度に体や顔に風を当てるぐらいがちょうどいいと思います。

縦の角度調整も水平から上に向かって30度まで無断階で調整できますので、顔に当てることも出来ます。

デスクファンも低騒音が売りで、羽根の形状などもこだわってます。風量は強と弱の2段階切り替えで、電源がUSBになっていますので、PCやUSBハブに接続して使います。AC電源に接続するときはアダプターが別に必要になります。

それから、グリルも後ろ側から取ることで、内部を掃除することも出来ますが、羽は外せませんので、奥まったところまでの掃除は難しいと思います。

USBデスクファン(低騒音ファン)

USBサーキュレーター

USBデスクファン(低騒音ファン)税込み2500円

こちらは、首振り機能が無いタイプです。それ以外の機能は、上の首振りタイプとほぼ同じですが大きさが一回り小さくなります。

こちらの場合は、首振りが出来ないですが、縦位置の角度調整が水平から上向きに30度まで、無断階で調整可能です。水平位置なら、手に当てたり、少し上に向ければ顔に当てることも出来ます。

この製品の色違いで、黒とグリーンとピンクも数量限定で出ています。デスク周りの色に合わせて使うとオシャレだと思います。

サーキュレーターの比較

首振りタイプのほうが、一回り大きめになっていますが、それでもCDケースよりすこし小さめのサイズです。ただ、机の上は狭いですので、前もって幅と奥行きを測ってから買うようにしましょう。

以上、無印良品のファン・サーキュレーターを紹介してきましたが、無印の製品はデザインがシンプルで長く使っても飽きないのがいいです。サーキュレーターは、他社の製品と比べてもオススメできますし、デザインが好きなら、絶対後悔しないはずです。

6月中ならお試し価格で10%OFFで購入できますので、買うなら今がチャンスだと思います。

サーキュレーターをお探しなら以下の記事もおすすめですよ。

(2015/06/21)Amazonで人気のゼピールのサーキュレーターと無印のサーキュレーターを比較をしてみました。