【保存版】使えば解るnanacoポイント節約法でお手軽節約生活

nanacoをおすすめする理由

こんにちは!最近、現金を使うことがほとんどなくなりました。

というのも、nanacoやwaonなどの電子マネーでほとんどの買い物をするようになったからです。

最初は電子マネーでの支払いって抵抗があったのですが、もう当たり前というか、これなしでの生活は考えられないですね。

今回の記事ではnanacoについて紹介します。

nanacoを使った節約術に関してはネットでもたくさんありますので、まだ知らない人はあまりいないかもしれませんが、節約術の決定版として当ブログでも、紹介しておきます。

誰にでもオススメできますが、特に以下の様な人は使わないと損だと思います。

こんな人におすすめ

とりあえず、少しでも節約したいのならまずはnanacoで節約しましょう。

私も収入に余裕がないので、必ずnanacoで公共料金を支払うようにしていますし、リクルートカードプラスとの合わせ技で、しっかりと節約出来ています。

nanacoの良さについてもっと知ってもらいたいという気持ちもあるので、誰にでもわかりやすいような記事にすることを心がけながら書いていきたいと思います。

もちろん、記事の内容を押し付けるつもりは全くありませんが、消費税が上がり続けるなかで、少しでも節約するのは消費者にとっていいことだと私は信じています。

以下は、興味のない人は読まなくて構いません。興味のある人にだけに呼んでもらいたいと思います。

 

nanacoで節約。他のカードには無いメリット

では、nanacoがどうすごいのかについてなんですが、

電子マネーといえば、他にもSUICA,楽天Edy,PASMO,WAONなどなどたくさんありますが、

どうしてnanacoなのか?

決して、私がセブンイレブンによく行くからという訳ではありません。

セブンイレブンは弁当やおにぎりが美味しいのでよく使いますが、別にSUICAや楽天Edyなどでも支払いは出来ますよね。

それでもnanacoを使うには3つの理由があります。

ポイント1:公共料金の支払いが出来る
ポイント2:チャージでクレジットカードポイントがたまる
ポイント3:買い物でnanacoポイントが貯まる

この3つのポイントがあるので、nanacoを使って結構な金額を節約できるのです。

そして、この3つが揃う電子マネーは他にありません!

では、それぞれについて詳しく説明してきます。

 

1,nanacoなら公共料金、税金の支払いできる

nanacoなら電気、ガス、水道、自動車税、住民税、国民年金、健康保険などの料金を支払うことができます。

支払いできるのは、コンビニ支払いできるタイプのバーコード付きのもの。

バーコード付き請求書

※最初からクレジットカード払いが出来る場合は、どちらでも還元率は同じですので、nanacoで支払う意味はありませんので、クレジットカードで支払えばいいです。

ただし、公共料金をnanacoで支払ってもnanacoポイントは付きません。

ですので、単にnanacoで支払うだけではお得ではありません。

そこで次に紹介する、「チャージする時にクレジットカードのポイントを貯める方法」を合わせて使うのです。

ちなみに、公共料金が支払えるのはnanaco以外にありません。

公共料金の支払い

 

2,チャージでクレジットカードポイントがたまる

先程も言ったように、公共料金の支払いではnanacoポイントは付きません。

それでは、全くメリットがありませんよね。

でも、nanacoの場合、クレジットカードからのチャージでクレジットカードのポイントがつくものがあるのです。

つまり、公共料金を支払う時に、

1,ポイントに対応したクレジットカードからのチャージ
2,セブンイレブンで公共料金をnanacoで支払い

という順番に行うと、実質的にクレジットカードポイント分が還元されるということなのです。

現金でチャージするのではなくて、クレジットカードでチャージするというのが最大のポイントです。

もちろん、他のコンビニではこんなお得な方法は存在しません。

私の場合は、住民税や自動車税は必ずこの方法でで支払っています。

例えば…
自動車税(34500円)だけでも、後ほど紹介するリクルートカードプラスなら、ポイント還元率2%ですから、690円分のポイントが帰ってくることになります。

 

3,買い物でnanacoポイントがたまる

公共料金の支払いがお得なのは説明した通りですが、nanacoはポイントカードとしても馬鹿に出来ません。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどセブン&アイホールディングスの店舗をよく使うなら、すぐにでも作りましょう。

nanacoが使えるお店

私の場合、セブンイレブンによく買い物に行くので、必ずnanacoで買うようにしていますが、頻繁に使う人であれば結構ポイントが溜まっていきます。

「コンビニはもともと高いから・・・」という意見もありますが、どうせコンビニを使うのであれば、少しでもお得に使いたいですよね。

上記店舗のポイント還元率は1%で、そのまま電子マネーに交換して使用できます。

ポイント
【お得情報】
セブンイレブンやイトーヨーカドーでは通常ポイントの他に、特定の商品を買うことでボーナスポイントがたまるので、さらにお得に買い物が出来ます。

nanacoって使える店舗が少ない?

それにnanacoが使えるのはセブンイレブン、イトーヨーカドーなどだけではありません。

nanacoって何となく使える所が少ないイメージがありますが、今では結構いろいろな所で使えるようになっています。

代表的な店舗は、LOFT、ココカラファイン、赤ちゃん本舗、ミスタードーナツ、ヤマト運輸などなど、詳しくは公式サイトを御覧ください。

 

楽天カード(JCB),リクルートカード(プラス)ならクレカポイントがたまる

ここまで、どうしてnanacoがお得なのかについて説明してきました。

そこで、クレジットカードからのnanacoへのチャージでポイントが付くということを書きましたが、どのクレジットカードでもポイントが付くわけではありません。

ほとんどのカードはnanacoへのチャージポイントは付かないのです。

ここを間違えると意味が無いですから、しっかり確認して下さい。

では、nanacoチャージがポイントが付くカードを私がおすすめする順に紹介していくことにします。

 

1位、リクルートカードプラス

2%という衝撃のポイント還元率のリクルートカードプラスは文句なしの1位です。

ポイント還元率が2%というのは、ほんとにスゴイですね。

来年にも消費税が8%~10%にアップが予定されていますが、リクルートカードプラスを使えば、消費税増税分を吸収することができちゃうんです。


もちろん、nanacoへのチャージも2%のポイントがたまります。

還元はリクルートポイントで行われますので、リクルート関連のサイトでしかつかえませんが、いろいろなシーンで使えるサイトがありますから困ることはほとんど無いと思います。

リクルート

旅行なら  じゃらん
美容院なら ホットペッパービューティー
食事なら  ホットペッパーグルメ
買い物なら ポンパレモール

これだけあれば、ポイントの使い道に困ることはないでしょう。

ちなみに、それぞれのサイトは1%~3%のリクルートポイントが付きます。

例えばショッピングサイトのポンパレモールなら全品3%以上のポイントが付きます。

それにリクルートカードプラスの2%の還元分と合わせれば、かなりのお得度になるのです。

 

リクルートポイント⇒ポンタポイントへの交換

もしポイントの使い道に困ったとしても、リクルートポイントとポンタポイントの交換が手数料無料で可能なので、ポンタポイントとしても使えるということなのです。

ポンタポイントが使えるお店は、ローソンの他、ライフ、AOKI、ビックカメラ、大戸屋、KFC、ピザハット、和民、昭和シェル石油、HIS,GEOなどなど(詳しくは公式サイト

年会費が2000円必要ですので、年間27万円以上(月2万円程度)使わなければ、次に紹介するリクルートカードの方がお得になります。
(※住民税なども全部払えばすぐに27万は越えます)

 

リクルートカードプラスの特徴

  • ポイント還元率:脅威の2%
  • ポイント還元:リクルートポイント
  • 年会費:2000円(税別)
  • 入会費:無料
  • nanaco対応:対応
  • 国際ブランド:JCB
  • ETCカード:発行手数料/年会費料+ポイント還元対応
  • ポンタポイントへの交換:対応

リクルートカードプラスの登録はこちらから

リクルートカードプラス(JCB)詳細 – リクルートカード(Recruit Card)

 

2位:リクルートカード

リクルートカードプラスとリクルートカードの大きな違いはポイント還元率です。

リクルートカードのポイント還元率は1.2%とリクルートカードプラスより低めです。

まぁ低いといっても他のカードに比べれば十分高いですけどね。

リクルートカードプラスはJCBのみなのですが、リクルートカードはVISA、JCBから選ぶことが出来ます。

nanacoへのポイント還元はVISAでもJCBでも対応しています。さらにVISAの場合は、楽天EdyやSMARTICOCAへの還元にも対応。

電子マネー

楽天Edyもよく使うならリクルートカードのVISAは最強じゃないでしょうか。

先程も言いましたが、27万円以上使うなら、リクルートカードプラスがお得、それ以下ならリクルートカードがお得になります。

メインで使うならリクルートカードプラスの方がおすすめです。

リクルートカードの特徴

  • ポイント還元率:1.2%
  • 年会費:無料
  • 入会費:無料
  • nanaco対応:対応
  • 国際ブランド:VISA/JCB
  • ETCカード:年会費料+ポイント還元対応、発行手数料はVISAのみ1000円(税別)必要
  • ポンタポイントへの交換:対応

リクルートカードの登録はこちらから

【リクルートカード(Recruit Card)】リクルートのクレジットカード

 

3位:楽天カード(JCB)

そして、審査の通りやすいカードとして有名な楽天カード。

ポイント還元率は1%ですが、しっかりとnanacoへのチャージでもポイントが付きます。

楽天市場での買い物には2倍の2%のポイントが付与されます。さらに月2回、ポイント10倍キャンペーンも行われますので楽天でよく買い物をされるのなら、持っておかないと損ですね。

ちなみに、ポイントは楽天ポイントで付与されるので、楽天での買い物に使用できます。

注意したいのは、楽天カードはVISAとJCBから選べるのですが、VISAを選んでしまうと、nanacoへのチャージポイントが付きません。

nanacoへのチャージ用に楽天カードを作る際は、必ずJCBを選択するように注意してください。

楽天カード(JCB)の特徴

  • ポイント還元率:1%
  • 年会費:無料
  • 入会費:無料
  • nanaco対応:対応
  • 国際ブランド:VISA/JCBからJCBを選択
  • ETCカード:年会費540円(税込み)+ポイント還元対応

楽天カードの登録はこちらから



うっかり間違いがちな落とし穴

ここまでのところで、間違いがちなことについてもう一度整理しておきます。

Q、どのカードでもnanacoチャージポイントは付くの?
A、つきません。nanacoチャージポイントが付くカードは紹介したカードなど一部になります。

Q、クレジットカードは審査があるの?
A、はい、クレジットカード入会時に審査があります。楽天カードは比較的審査に通り安いクレジットカードと言われています。

Q、一番オススメのカードはリクルートカードプラスでいいんだよね?
A、はい、リクルートカードプラスが還元率が圧倒的によく、nanacoと合わせて使う最強のカードと言えます。

Q、カードとnanacoを申し込んでからどうするの?
A、nanacoにクレジットカード登録します。nanacoのサイトから登録が可能です。そこをこれから説明していきます。

Q、毎月どのぐらい使用するかよくわからないんだけど。
A、nanacoと合わせて使う場合、公共料金や税金だけでもかなりの金額になるはずです。単純に年間50万使ったとしたら、2%還元で1万円となります。

 

nanacoカードを作って、クレジットカード登録する

nanacoカードを作るには手数料が必要

nanacoカードを作るには、セブンイレブンやイトーヨーカドーの店頭の申込書に記入して、店員に渡せば手数料300円(税込み)で発行できます。

※ここで氏名、生年月日、電話番号をすべて登録しないと、後のクレジットカードの事前登録が出来ませんので注意してください。

【お得情報】
イトーヨーカドーでは、8の付く日(8日、18日、28日)にnanacoを申しこめば、手数料が無料になるキャンペーンがあります。

Androidスマホならnanacoモバイルがオススメ

それと、Androidのスマホを持っているなら、nanacoモバイルに対応している可能性があります。

nanacoモバイルなら登録手数料は無料で使用できます。通常のnanacoカードと同じように使えますし、残高確認や、チャージがすぐに出来るので、対応端末であればnanacoモバイルをおすすめします。

nanacoモバイルのダウンロードはこちらGooglePlay

必ず事前登録の前に「本人認証サービス」に登録

nanacoに登録できるクレジットカードは、本人認証サービスに対応している必要があります。

ここで紹介したカードならいずれも本人認証サービスに対応しています。ただし登録が必要です。

クレジットカードの事前登録をする前に、クレジットカードの本人認証サービスの登録が出来ているかを必ずチェックしてください。

本人認証サービスへの登録が出来ていないと、クレジットカードの登録時にエラーになりますので、先にチェックしておいた方がイイです。

本人認証サービスの登録方法については、

リクルートカード(プラス)の場合、

JCBの場合、MyJCBに登録すればOK。
VISAの場合、Verified by VISAに登録すればOK。

楽天カード(JCB)の場合は、こちらの記事をご覧ください

 

クレジットカードの事前登録方法

nanacoカード/nanacoモバイルを登録しただけではクレジットカードからのチャージはできません。

クレジットカードの事前登録が必要になるのですが、発行後すぐにできるわけではなく、

nanacoカード・・・新規入会の10日後の朝6時以降
nanacoモバイル・・・新規入会の4日後の朝6時以降

とクレジットカード登録できるまで少し時間がかかります。

また、クレジットカード登録後も、24時間はクレジットカードからのチャージは出来ません。24時間経過していないのにチャージしようとするとエラーになりますので注意してください。

結構時間がかかりますので気長に登録する必要がありますね。

クレジットカードの事前登録は、nanacoの会員メニュー、nanacoモバイルから出来ます。

登録時に、エラーになる場合は、本人認証サービスの登録が出来ていないか、入力内容が間違っているなどが考えられます。

 

チャージの限度額、限度回数がある

nanacoカード/nanacoモバイルへのクレジットカードからのチャージには一定の制限があり、

【チャージ回数、月の金額上限】

1が月に15回、最大20万円まで
1日に3回まで

【1回のチャージ金額】

5,000円以上、(1,000円単位)29,000円迄

【チャージ額の上限】

上限50,000円

となっています。特に引っかかりそうなのが、チャージ額の上限5万円というところでしょうか。

 

nanaco入会、クレジットカード登録での注意点

nanacoの入会時、クレジットカード登録で間違いやすいポイントを整理しておきます。

Q、入会後すぐにクレジットカード事前登録はできる?
A、できません。10日後(カード)または4日後(モバイル)に出来るようになります。

Q、クレジットカード事前登録でエラーになる
A、入力内容に不備があるか、本人認証サービスへの登録が済んでいない又は、対応していない可能性があります。

Q、クレジットカード登録したのにチャージできない。
A、登録後24時間経過後にチャージしてください。

Q、5万円以上チャージできない。
A、クレジットカードからは5万円以上チャージできません。

Q、パソコンがないけど登録できる?
A、スマートフォンからでもクレジットカード登録できます。

 

nanacoでクオカードを購入する裏ワザ

ここまででひと通りnanacoの登録やおすすめのクレジットカードを紹介してきました。

ここからは、さらにお得に使う裏ワザを紹介します。

まずは、nanacoでクオカードを購入する裏ワザ。

コンビニでクオカードを購入できるのはご存じですか?私はあまりクオカードを使うことがなかったので、最近まで知らなかったのですが、クオカード自体にポイント還元が付いています。

クオカードには、1万円、5千円、3千円・・・5百円と6種類の額面があります。

その全てにポイントつくのではなく、1万円5千円のみポイントが付きます。

具体的には、10,000円で10,180円(1.8%還元)、5,000円で5,070円(1.4%還元)分が使えるのです。

クオカードの購入ではnanacoポイントは付きませんから、nanacoチャージポイント(2%~1%)+クオカードの還元分(1.8%)と2重に還元を受けられます。

少し手順を確認しておきます。

  1. nanacoにクレジットカードからチャージ
  2. セブンイレブンで1万円か5千円のクオカードを購入
  3. 購入したクオカードを対応店でお得に利用

ということですね。

クオカードが使用できるお店は、コンビニ、マツモトキヨシ、書店、ガソリンスタンドなどなどいろいろありますから、かなりお得に使えるのではないでしょうか。
(※詳しい使用できる店舗は公式サイトを御覧ください。)

 

ガソリン代も節約する

そして、車に乗られる方ならガソリン代も結構大きいですよね。

ガソリンも少しでも多くのポイント還元を狙いたい。


そこでどうするかですが、

一つは先ほど紹介したクオカードを使って給油する方法。

 

1,クオカードで安くする場合

クオカードが使えるガソリンスタンドは、ENEOSJASSです。プリカ価格で買えるのかどうかも含めて知りたいので、近くのJASSで一度使ってみようと思います。

還元率は、こんな感じになりますね。
クオカード1万円(1.8%還元)
クレジットカードチャージポイント(1%~2%還元)

 

2,nanacoポイントで安くする場合

もう一つは、nanaco支払いに対応しているエッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンでnanacoで支払いすると1%のポイント還元が受けられる方法。

こちらの還元率は、こんな感じ。
nanacoポイント(1%還元)
クレジットカードチャージポイント(1%~2%還元)

 

どちらの方法でも、クレジットカードチャージポイントと合わせて高還元率が期待できますので、ガソリンを少しでも安くしたいならやって見る価値がありそうです。

 

まとめ

公共料金や税金の支払いをこの方法い変えるだけでも、かなりの節約になります。

クレジットカード払いでない公共料金と税金が年間50万円をnanaco払いにすると、1万円分の節約が可能になるのです。

これだけでもスゴイのですが、他にもお得な使い方がたくさんあります。

ポイント還元を2重、3重に増やすことで、よりお得に使えるようになるのです。

過去の私のように「電子マネーなんていらない!」と思っていたら、こんなお得な情報を見過ごしてしまうことになるのです。

もし節約していれば、そのお金を、他のことに使えたり、貯金したりできたのです。

こういうサービスは改悪されていくことが多いですが、今のところここで紹介したお得情報やサービスは間違いなくオススメできるものです。

こんなことを考えながら、今からセブンイレブンに公共料金を支払いに行って浮いたお金でスイーツでも食べてきますw

それでは!