なりたい自分になるためには、「そうなるしかない。」

アイキャッチ
アイキャッチ

なりたい自分になるためには、「そうなるしかない。」

アタリマエノコトですが「なりたい自分になる」ためにはそうなるしかありません。

これからどんな風になりたいか、どんな自分になりたいかというのを実現するためには、結局、そう ”なる” しかありません。

もう少しガマンしてとか、少しずつ変わるというのでは、いつまでたっても変われないまま・・・。

今の自分は、今この瞬間から変えることが出来る。

だからこそ、なりたい自分になるためには、今この瞬間から ”そうなる” しかない。

大事なのは今この瞬間から変わるということ。今この瞬間からなりたい自分になるということ。

間違えてはいけないのは、ただ変わろうとするだけではダメということ。変わりたいとか、そうなりたいという思うだけでは変わることは出来ないんですね。これは本当にそうです。

そう ”なる” か ”ならない” かどちらか一方。ただ、なりたいだけではダメ。

変わるためには、今この瞬間に「決断する」しかない。まず、なりたい自分になるための決断があって、そして、そこから先に結果がある。

最初から結果を求める人があまりに多すぎます。殆どの人は、そうなりたいと ”思うだけ” で終わってしまう。当然、結果にはつながらない。当たり前のことです。

だから、なりたい自分になるためには、今この瞬間からそうなるしかないのです。

「自分で考えて行動する」ことが出来ないと10年たっても変わらない

大事なのは本当の意味で自分で考えて行動することです。

それが出来ない人は、たとえ10年たっても変わることは出来ません。

今の自分には不満があって、いまから10年先、なりたい自分があるのなら、今この瞬間から ”そうなる” しかありません。大事なのはその決断ができるかどうか。

自分で考えて行動するというのは、自分が自分にとっての幸せとは何かを考えて、そのために行動するということ。

つまり、正面から「自分の意識」と向き合って、今この瞬間から、これからの自分の生き方を決めていくこと。

そして、自分の意識に言い訳や、嘘をつかないために、今この瞬間から変わるしかない。自分の意識を大事にするというのはそういうことです。

そういう決断が ”今この瞬間” に出来ない人はたとえ10年たっても変わることは出来ないのです。

 

「1年先、2年先の自分がどうなっているのか?」についての意識を常に持っておく

そうは言っても、人間は、「10年後にはそうなっていたい。」という漠然としたイメージだけではいきなり “なる” ということは出来ません。

なるためには、今の自分の常に一歩先を踏み出し続けなければいけません。

なりたい自分になるためには、そう “なる” だけで終わりではありません。そうなり続けなければいけない。

当然ですが、結果は最初から出るわけではありません。

結果は最初から見える範囲にありませんし、結果はものすごく遠くにあって、それでも結果を出すためには、今の自分から常に一歩踏み出し続けなければいけないんです。

最初から10歩先に行くことは出来ないし、最初はそれが一体何処にあるのかさえわからない。だからこそ、少し先の自分を意識して行動する必要があるんです。

例えば1年先、2年先の自分がどうなっているのか?についての意識を常に持っておく。

「今の会社で1年後も同じように働いている自分」がいいのか、

「今、会社を辞めて、一年先に本当に自分のやりたかったことを始めた自分」がいいのか、そういう意識は常に持っておく。

そうすることで、結果がものすごく遠くにあったとしても、そこに向かって歩一歩近づいていくことが出来るのです。

 

自分の意識を大切にしないと、他人のために消耗するだけ

僕がいまの時代を幸せに生きるために1番大事なことは、

幸せに生きていくためには結局「自分の意識」を大切にするしかないということ。逆に言うと、自分の意識を大切にしない人は、他人のために消耗するだけということです。

それではまた。

何かをやるためには、すぐやるしかない。