「お盆玉少なすぎない?」と言われないために知っておきたいお盆玉のこと。

お盆玉

皆さん、『お盆玉』渡してますか?

お年玉をおじいちゃんおばあちゃん、親戚からお孫さんに渡すのは当たり前ですが、お盆に渡すのがお盆玉。最近はお盆玉はブームを通り越して、もう当たり前になりつつあります。

お盆玉について知らない人にのために書いておきますが、

お盆玉というのは、おじいちゃん、おばあちゃん、親戚がお盆の時期に帰省してくる孫や子供のためにあげるお小遣いのこと。お年玉と同じようにぽち袋に入れて渡します。ただし、お年玉のようにあげる相手は決まっていないので、子供や孫だけではなくて、実家の祖父母などへの心付けとして渡すことも出来ます。

数年前からお盆玉ブームが起こっていたんですが、僕の親戚の子供も去年あたりから「お盆玉欲しい!」と言ってきます(笑)

これからは『お盆玉』を渡すのが当たり前になりつつあるのかもしれません。

『お盆玉』は必要?不必要?

お盆玉という言葉は、ここ数年ぐらいの間で聞くようになりました。それ以前は孫にあげるものといえば『お年玉』しか無かったんです。

といっても起源は江戸時代に遡り、山形県の一部で行われていた風習「お盆小遣い」というのが元になっているという話もあるようです。

最近では、各メーカーがお盆玉を入れるためのぽち袋、『お盆玉袋』を販売し、最近では大型スーパー、郵便局やコンビニでも簡単に手に入れることが出来ます。お盆玉用のぽち袋が欲しい人は郵便局やコンビニにいけばすぐに手に入れることができます。

お盆玉袋

お盆玉が登場したことで、正月には『お年玉』、夏の帰省時には『お盆玉』を渡すのが当たり前になるんでしょうか。

そもそも、本当に『お盆玉』なんて必要なんでしょうか。

『お盆玉』が常識化する理由

まず、「お盆玉なんて必要ないでしょ?お年玉があるんだから。」「これ以上、余計な文化を増やすな!」という人がいますが、本当にそうなんでしょうか。

僕は予言しておきますが、10年後にはお盆玉を渡す、あるいは貰うのが常識化していると思います。

正月とお盆というのは日本の年中行事のなかでも特別、大切な行事です。ですから、「正月はお年玉があるのに、どうしてお盆玉はないの?」というのは、むしろ自然な発想じゃないかと思います。

せっかく孫と水入らずで過ごせるんだから、ちょっとした心付けを渡したい!という人もたくさんいます。しかもお盆玉は、お年玉と違って、渡したい人に渡すことが出来ます。

お年玉を帰省先の祖父母に渡すのは変ですが、お盆玉なら渡す相手は誰でもOKで、普段からの感謝の気持ちを気軽に表すことができるので、風習としては意外と悪く無いんじゃないかと思います。

う~ん、そう考えると、お盆玉というのは結構いい風習なんじゃないでしょうか。

むしろ『お年玉』よりも『お盆玉』の方が必要とされているんじゃないでしょうか。個人的にはそんな感じがします。

お盆玉の相場は幾らぐらい?

ちなみに、お盆玉の相場は幾らぐらいがいいのかですが、これは一般的なお年玉の相場と同じでいいと思います。

注意したいのは、『お盆玉』だからといって『お年玉』の金額よりも安くするというのはやめたほうがいいと思います。できればその年の『お年玉』の金額と同額がいいと思います。

「お年玉は1万円だったのにお盆玉は5千円だった。」ということになれば、「あれ、ちょっとお盆玉少なすぎない!?」となるかもしれませんが、その辺は子供によっても感じ方は違うので一概には言えないと思います。

というわけで、お盆玉の相場はお年玉の相場と同じくらいが無難と言えそうです。

最後に、お金に余裕が無いのにわざわざ無理をして渡すようなものではありません。お年玉もそうですが、お盆玉はあくまでもお金に余裕のある範囲で渡すべきだと思います。