まとめ買いは悪?本当にお金が貯まる人がしているお金の使い方。

money

節約のためのまとめ買いは悪なのか?

少しずつ買うより、まとめて買ったほうがお得

少しでも節約しようと、まとめて買うことで1つ当たりのコストを抑えるまとめ買い

まとめ買いは本当に節約になるんでしょうか?

「本当にお金を貯めたければ、まとめ買いは節約にならないからやめたほうが良い」

という話もよく耳にします。本当にまとめ買いは悪なんでしょうか?

確かに、私自身もまとめ買いで節約しようとして、逆に出費を増やしてしまい、全然節約になっていなかったことがありました。

「食べ物や飲み物を安い時にまとめて買っておいて、少しずつ消費して節約しよう。」

と思ったのですが、手元にあると、どんどん消費してしまい結局、節約どころか逆に出費を増やしてしまっていたのです。

こんな風に、まとめ買いばかりしていると本当にお金は貯まらないのでしょうか?

まとめ買いは悪ではない。上手く使えば節約できる。

結論から言うと、節約のためにまとめ買いすることは悪ではありません。

そもそもまとめ買いには、良いまとめ買いと、悪いまとめ買いがあるのです。

悪いまとめ買いというのは、先ほど言ったような、買ったら買ったで必要以上に先に消費してしまう場合です。

まとめ買いそのものが悪いのではなく、そういった消費の仕方に問題があるのです。

逆に考えれば、安い時にまとめて買っておいて、後は必要な時に必要なだけ消費するのであれば、間違いなく節約になるはずですよね。

でも、本当にそんなことが可能なんでしょうか?

美味しい食べ物をまとめ買いして手元に置いておけば、誰だって我慢できずに必要以上に食べてしまうはずです。

ですから、まとめ買いにはコツが必要なのです。何も考えずに安いからといって買いまくるだけでは上手く行かないのです。

 

まとめ買いのコツは、何を買うかがポイント

では一体、良いまとめ買いというのはどうすればいいの?

ということなのですが、ポイントは何を買うかです。

食べ物や飲み物は、先程も言ったように意志に負けて必要以上に消費してしまいます。

あるいは、そんなに必要もないのに安いからといってまとめ買いするのも無駄になりがちです。

まとめ買いするのに適しているのは、

  • 食べ物でいうと、醤油、油、パスタ、米、砂糖、塩など
  • 日用品だと、石鹸、シャンプー、トイレットペーパー、洗剤など

これらのものは、まとめ買いしておいて困るものではありませんよね。

要は、いずれ必要になるのが分かっていて、手元にあったからといって無駄に消費しないもの。

もしこれらのものを、最低1つはストックがなかったらどうなるでしょうか?

セールの安い時にまとめ買いしてなかったら、セール品ではない高いもの、場合によっては定価で買う必要も出てきます。

ですから、まとめ買いが悪いのではなく、しっかり考えた上でまとめ買いするのは間違いなく節約のためになるのです。

 

お金の流れを把握して無駄遣いをなくす。

半年前に仕事をやめて貯金がほとんどゼロになってから、

「このままでは死んでしまう。これから収入を増やしながら徹底的に節約して10年で1000万貯金するぞ」と決意したのです。

大事なのはお金の流れを把握すること。

お金が貯まる人と貯まらない人の一番大きな違いはそこにあります。

お金を貯めるには、収入から支出を引いて余ったお金を貯金に回すことが必要です。

収入ー支出=貯金に回せるお金

例えば、毎月30万の収入があって、25万の支出があれば、毎月5万円は貯金に回すことが出来ます。

あたりまえですが、毎月の貯金を増やすためには、収入を増やすか、支出を減らすことしかないのです。

目先のお金のことばかり考えてもなかなか節約には結びつきません。

大切なのはお金の流れを把握して、すこしでも貯金に回す金額を増やすことなのです。

それでは!