関西人だけど「炭水化物×炭水化物」が恥ずかしすぎて死にたい。

あぁ、恥ずかしいなぁ。

僕は関西人なんですけど、これだけは本当に恥ずかしいんですね。恥ずかしいけどやめられない・・・。

炭水化物と炭水化物の組み合わせた食べ物。こんなものが、もうね・・・。当たり前のようにあります。

そもそも炭水化物ってなんなんだというと、これは主食なんですね。日本人にとっては米ですね。おいしいね。

米だけにしておけばいいのに、小麦とかじゃかいもとか。それだけ食べるんだったらいいんですけど一緒に食べちゃう。これはダメですね。

お好み焼き定食

お好み焼きとご飯を一緒に食べる。

これがね。恥ずかしいんです。ものすごく。 でも僕も関西人なのでご飯と一緒に食べてしまいます。

う~ん、どうしてこんなに美味しいんでしょうか。

罪悪感でいっぱいです。

でもね。お好み焼きは他の地方の人が思っているより炭水化物ばかりではありません。 これがダメだったら「ラーメン+ライス」だって、「餃子+ライス」だってダメってことになります。

どうしてお好み焼き定食だけバカにされるのか。おかしいんです。でもね。関西には他にも恥ずかしい食べ物があります。

うどん+かやくご飯

関西のうどんというと大抵かやくご飯とセットになっています。

これはもう恥ずかしすぎて関東の人には見られたくないけど、これがやめられないんです。美味いんです。

うどんとくればかやくご飯でしょ。当然。

でもねぇ。おかしくないですか?

どうして関西ばかり炭水化物好きというレッテル張りがされるんでしょうか。こんなこと許されていいんでしょうか。

例えば、マクドナルドのグラタンコロッケバーガー。グラコロ。

これを見た時はさすがに関西人の僕でもびっくりしました。日本にはこんなに恥ずかしい食べ物があるんやなぁ・・・と。

こんなものを食べている人に、関西人の炭水化物好きを非難する資格はないんです。

そもそも日本人は昔から炭水化物が好きなんです。 宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の中にも「一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ」という下りがあります。

戦前までは炭水化物ばかり食べていたんです。毎日、ご飯を食べられることに喜びを感じていたんです。

僕はそういうことを忘れたくはありません。そういうこと。それから阪急そば若菜のポテト蕎麦。 

これはもうね。ダメですね。こんなに恥ずかしいものを考えた人は素晴らしいですね。

どうしていままで気づかなかったんですかねぇ。食べたことない人は人生損してますよ。本当に。

そして、やめておけばいいのにポテトうどん

嗚呼、恥ずかしい。

おいしいもの+おいしいもの=超うまい\(^o^)/

こういう考えが恥ずかしいんです。でも一度食べてみたいなぁ。

ワッショイ!

それから、美味しいものに目がない#kurasitenの食レポ記事はこちら