春だ!桜だ!セブンイレブンの「さくらの和ぱふぇ」を食べてみた!

さくらの和ぱふぇ

セブンイレブンで2016年2月29日(火)発売の「さくらの和ぱふぇ」

春らしい桜尽くしの和風パフェで、コンビニスイーツ大好き男子としては、これは外せない・・・、ということで買ってきました。

以前に食べたセブンイレブンの「秋のお芋あんみつ」も美味しかったので今回も期待!

さくらの和ぱふぇ「さくらの和ぱふぇ」は税込み298円で、260kcal。原材料には、桜寒天、桜ムース、桜ゼリー、桜桃(おうとう)、桜の花塩漬と桜がいっぱい並んでいます。

う~ん、これは楽しみ!
さくらの和ぱふぇすごく季節感がありますね・・・。「春が来た!」という感じがします。

では早速、春を味わっていきたいと思います。さくらの和ぱふぇう~ん、見ているだけで楽しい気分になります。こういうのは実際食べるのがもったいないんですよねぇ・・・。

この和ぱふぇ、横から見ると、さくらの和ぱふぇこんな感じで底のほうは寒天が入っています。寒天の上にあるのは桜ムース

さくらの和ぱふぇまずは餡の上に乗っている桜の花びらの塩漬けから。

餡は口どけの良いこしあんです。桜の花びらと一緒に食べると桜餅のような味で美味しいです。

う~ん、桜の花びらって見た目だけじゃなくてしっかり美味しいんですよねぇ。
さくらの和ぱふぇそして桜クリーム。チェリー風味のクリームで、「なめらか~な食感」です。

さくらの和ぱふぇ草団子これは白玉粉で作ったお団子。ほんのりですがよもぎの香りがして春らしいです。ただ、個人的にはもう少し香りがあったほうがいいかなぁという気がします。

さくらの和ぱふぇ 桜寒天ほんのりピンク色の寒天です。透明感があって綺麗ですね。味は普通の寒天ですね。

さくらの和ぱふぇみかん。桜ばかりで疲れたときにみかんは嬉しいです。酸味で口の中がリフレッシュできます。

さくらの和ぱふぇ桜桃。「おうとう」と読みますがさくらんぼのことです。

ちなみに、さくらんぼは最初に食べるべきなのか最後に食べるべきなのか。いつも迷うんですね・・・。

僕の場合はさくらんぼは最後まで置いておきます。最後にごちそうさまでしたという時にさくらんぼを食べるという感じで頂きます。

というわけで、セブンイレブンの「さくらの和ぱふぇ」と食べてみましたが、見た目だけじゃなくて味でもしっかりと春を感じられて、

「口の中まで春になっちゃいました!」

ではまた!

それから、美味しいものに目がない#kurasitenの食レポ記事はこちら