最近ちょっとAmazonに依存し過ぎだなぁと思う時9選

ここ数年ぐらいで何でも、Amazonで買っていて、Kindle本、日用品はもちろん、タイヤとか冷蔵庫とか靴とか・・・

買い物の半分以上はAmazonで済んでいるといってもいいぐらい。

「店で買うよりAmazonで買うのが楽すぎて困る。」という状態になっています。

そんなAmazonに依存しすぎてしまった私が、「最近、いくら何でもAmazonに依存し過ぎだなぁ。」と思うことを紹介します。

何を注文していて何が届いたのかわからなくなる。

毎日のように注文していると、今一体何を注文しているのかわからなくなってきます。

「あれ、これって前買った気がする・・・」ということが結構あるんですね。そういう時、ちょっとAmazonに依存し過ぎだなぁと思ってしまいます。

間違えて同じものを注文することもあるので↓の表示がすごく助かります。

aDijdwqdoijef

それから、不意にAmazonから荷物が届いて「あれ、俺なんか注文してたっけ?」と思うこともあったり、

届いたものの中身が何なのかは開けてみるまでわからないことがあります。開けてみて、「あっ、そういえばこれ前に注文したな。」と思い出すということがあったりします。

 

ほしい物リストが増えすぎて見るのが嫌になる

最初のうちは、楽しくてほしい物リストにどんどん追加していたんですが、あまりにも増えすぎて見るのが嫌になりました。

fruhgriuhe

最初の頃は、ほしい物リストにいろいろと追加するのが楽しくてしょうがなかったんですが、だんだんと虚しくなる一方。

ある時、「あれ、ほしい物リストってただの自己満足にしかなってなくね?」と思ったわけです。

いくらほしい物リスト追加したところで実際に手に入るわけではないし、結局必要な物はほしい物リストに追加しなくても結局買うわけです。

という理由で、予めほしい物リストに入れておくということがほとんど無くなったわけです。

 

買わなくても、とりあえずカートに入れとく

ほしい物リストをあまり使わなくなった一方で、

「後で買うかもしれないから一時的にブックマークしておきたい!」という商品の行き場として、とりあえず買うか買わないかは別にして「買い物かご」に入れるという使い方をするようになりました。

「う~ん、多分要らないけど念の為に買い物かごに入れておこう。」という感じです。こうすると後で万が一必要になった時に便利です。

何種類かの商品から買うものを選ぶ時でも、先に買い物かごに全部追加しておいてから、不要なものを削除するという使い方もできます。

おまけにAmazonの買い物かごは、一旦追加しても「あとで買う」をクリックすることで完全に注文の対象から外すことができます。

「後で買うかもしれない商品」があれば、とりあえず買い物かごに追加すると便利です。

 

マーケットプレイスかどうか瞬時に判断できる

AmazonにはAmazonが直接販売する商品と、楽天のようなマーケットプレイスの出品者が出している商品があります。

↓の表示を見れば判断できますよね。

soijfwej

最近はマーケットプレイスの商品が多くなってきていて、ちょっと注意しないと、よくわからないところから購入することになってしまうこともあります。

Amazonではマーケットプレイスかどうかがちょっと分かりにくいというか、サイト上はほとんど同じように表示されるので、慣れていないと買う時に事前に気づかずに買ってしまうこともあってちょっと評判がよくないんですね。

僕みたいに毎日のようにAmazonで買い物をしていると、ページが表示された瞬間にマーケットプレイスかどうかを判断できるようになります。特に意識しなくても脳が勝手に判断します。

 

Amazonの箱の種類がだいたいわかってくる

日々いろいろな商品を購入していると、当然、届くは箱もいろいろな種類の箱で届きます。このダンボール箱は場所をとって結構邪魔なんですよねぇ。

そして、このAmazonのは箱にはXM03、XL02、XY04の様に箱の種類によってコードが付けられていて、大きさや開け方などが箱によって違ってきます。

そういうAmazonの箱を何度も見ていると、「この商品はXM05で届くんだろうなぁ。」とか、商品が届く前にどの種類の箱で届くかがだいたい分かるようになって来ます。

そういう時に「俺はちょっとAmazonに依存し過ぎだなぁ。」と思ってしまいます。

 

自作自演のレビューかどうかがすぐ判別できる

ScreenClip

それから日常的にAmazonを利用していると「このレビューは自作自演だな」と分かるようになって来ます。まぁ判る人は判るんですが、こういう能力って通販を利用する上で重要だと思います。

僕にとってはそういう自作自演はマイナスの評価にしかならないんですが、実際にこれをするとAmazonでの売れ行きが伸びるんでしょうね。

Amazonのカスタマーレビューは本当にたくさんの自作自演があります。あまりにも多すぎて気づかずに買ってしまうこともありますが、大抵の場合は、サクラによるレビューがあれば、その商品は「そんなことまでしないと売れない商品なんだ。」と思ってしまいます。

 

今までの購入総額が怖くて見れない

いったい今までにAmazonでいくら使ったのか?というのを調べる方法があります。

→「Amazon で使った金額の合計を出す奴 (2014-2015 年バージョン) · GitHub 

Amazonの購入履歴ページを開いて、↑のページのコードをブラウザのJavascriptのコンソールで実行すれば、今までの購入総額が自動的に計算されるようになっています。

僕も早速計算してみたのですが、僕の今日までの購入総額は今までで1、250、251円でした。

う~ん、思ったより少ないかもしれませんが、Amazonだけで100万円以上を使っているのかと思うと・・・。特にここ2,3年は年間20万円程使っているので、月平均だと1万~2万円ぐらいでしょうか。

 

Kindle端末はだいたい持ってる

それから僕が唯一Amazonで買わない物といえば紙の本。紙の本は邪魔なんですよねぇ。本を買うなら基本的にはKindle本ぐらいしか買っていません。

Kindle本を読むための端末として今使っているのはKindlePaperwhite。結構いろいろなKindleを買っていますが、結局もうKindlePaperwhite1台で事足りるので、もう他の端末は使っていません。

スマホでも読めるのですが、やっぱり電子書籍専用のリーダーには敵いません。

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき
Amazon (2015-06-30)
売り上げランキング: 124

 

すごくお得なAmazonPrimeに入っている

最後にAmazonプライムについても書いておきます。基本的にはAmazon常用者なら入ったほうがお得です。

Amazonプライムについては、以前の記事でも紹介しましたが、年間3900円で、お急ぎ便と日時指定便の利用が無料。それからプライムビデオ、プライムミュージックなどが利用できるなどの得点が受けられます。

まぁ、お急ぎ便だけのために年間3900円なんてもったいない!と思う人も多いと思いますが、個人的にいろいろな映画が見放題になるプライムビデオだけ考えても年間3900円は相当お得だと思います。

それと、Kindleオーナーライブラリといって月に1冊が無料で読めたりするので、僕の場合はとりあえず自己投資のためにKindle端末+Amazonプライムは非常に効率がいいかなぁと思っています。

ワッショイ!