国内の旅行系キュレーションメディアまとめ

今回は、国内の旅行系キュレーションメディアを調べてみました。

現在ではかなり数のキュレーションメディアが乱立しています。その中でも旅行系に特化したキュレーションメディアも多くあります。

キュレーションとは?

キュレーションとは、IT用語としては、インターネット上の情報を収集しまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有することを言う。キュレーションを行う人はキュレーターと呼ばれる。(コトバンク)

旅行系キュレーションメディアによって、地域系のコンテンツがどんどん増えていくと思われますので、特に注目しています。

 

RETRIP(リトリップ)

ScreenClip

 

旅行系キュレーションメディアのRETRIP。日本だけでなく世界中の旅行コンテンツが豊富にあります。

殆どが、「絶対行くべき◯◯TOP10」とか「おすすめグルメ10選」とかの典型的なまとめ記事。

記事の量では非常に多いと思います。

Find Travel(ファインドトラベル)

ScreenClip

 

FindTravelは、日本国内のコンテンツが豊富なキュレーションメディア。画像もたくさんあって見やすい。登録すれば誰でも投稿出来る。

 

SmartRip(スマートリップ)

ScreenClip

SmartRipも、国内の情報が比較的多いキュレーションメディア。

Travel.jp(たびねす)

ScreenClip

 

Travel.jpの旅行ガイド。応募制で、アクセス数に応じてインセンティブがある。

ことりっぷ

ScreenClip

 

本や、電子書籍でお馴染みの、ことりっぷのWebマガジン。公式コンテンツが多いのが特徴。ブロガーのコンテンツもある。

 

MATCHA

MATCHA

 

MATCHAは日本に来る外国人向けのWebマガジン。日本語、英語、中国語、韓国語などで見られる。

nanapi(ナナピ)

ScreenClip

最後に、旅行系ではないけど、nanapiにもかなりの地域系のコンテンツがあります。

 


 

7つのサイトを紹介しましたが、他にも大量にあります。小規模なものはほとんど通常のブログ程度のアクセスしかないんじゃないかな?

それと全部ではないけど、ほとんどの記事は何枚か写真を貼り付けて、コメントを書いただけの、中身が少ないかな?っていう印象です。

コンテンツの質が低いと、読者もつかないし、検索エンジンからも評価されないので、コンテンツの質を保ちながら記事も増やしていく必要がありますね。

コンテンツの質と量を両立する一つの方法として、地域に特化したコンテンツだけを集中して配信する方法があります。

特定地域に特化したキュレーションメディア

ScreenClip

瀬戸内Finderは、瀬戸内の旅行コンテンツに特化した記事が豊富にあります。

地元のライターが中心になって運営しているので、コンテンツの中身もしっかりしているし、実際、行く時にも参考にできる内容になっています。

個人的には、こういったメディアが増えてくればもっと面白いと思っています。