【ブログ論】好きなことを書くということ。

ブログを毎日更新するって大変なことです。

私自身、このブログを始めてまだ3週間程ですが、毎日更新するネタを考えるだけでも大変です。

正直、すでに何回もやめようかと思いました。

でも、諦めたら終わりです。一歩一歩前進して、いつかはメディアとして機能してくれればと思いながら、日々コンテンツを書いているのです。

ブロガーによっては、1日に何記事も書く人がいます。

今の私には、1日1記事書くのがやっとですが、今のペースでは、コンテンツの量を確保するのに時間がかかりすぎてしまいます。

いろいろ考えた結果、やっぱり自分の好きなコトを書いていこうと思うようになりました。

正直、いままで誰かの役に立つ記事を書こうということにこだわりすぎた気がします。

でも、誰かの役に立つ記事って、そんなに簡単に書けるものじゃありません。それを毎日続けるなんて苦行ですよね。

自分が好きかどうかじゃなくて、役に立つかどうか?そういう視点は必要かもしれませんが、やっぱり、自分が面白いなと思えるものじゃなければ続かないです。

書くことを心の底から楽しむことが必要なんだと思います。

役に立つ記事なんて書かないでいい。自分が楽しいと思ったことを書く。

だれかの役に立つ記事って、需要はあるけど、使い捨てなんですよね。一度見たらおしまい。誰が書いたかどうかなんて関係ありません。

役に立つ記事を書かなきゃいけない!

と思い込んでしまっても、ネタが出てこなくなります。役に立つ記事を書くには、その分野のことを誰よりも知っている必要があります。

でも、自分の知っていることなんて、ごく一部の世界だけです。

それでも、無理をして、役に立つ記事を書こうとしても、結局アイデアが出てこなくなるのです。

実は私も、この罠にハマりました。誰かの役にたつ記事を書かないと、コンテンツとして需要が無いと思って、いざ書こうとしてもアイデアが出てきません。

私がブログを初めて、まだ3週間程ですが、早くこのことに気づいて良かったと思います。

結局、自分が好きなこと、日常のなかで思ったことなどをネタに、後はどれだけ面白くするかにかかっていると思います。

ネタに関しては、そこまで拘る必要が無いんじゃないかと思います。

Walk The Line

自分をネタにしろ!自分の日常をコンテンツにする。

でも、何処の誰か知らない人が思いついたことなんて、他人から見たら面白く有りません。

「私は◯◯を食べました。美味しかったです。」

「昨日◯◯に行きました。良かったです。」

このようなブログは、知らない人が見ても、ただの日記にしか思えません。ブログで日記を書くのは自由ですが、コンテンツとしての価値はないに等しいのです。

日常の中で思ったことをネタにするというのはいいのですが、それだけでは面白くはなりません。

どうして面白くならないんでしょうか?

それは、伝わってくるものがないからです。例えば、同じ食べるだけでも、

「私は人気の◯◯を食べました。美味しかったです。」というより、

「私は人気の◯◯を食べたけど、行列に並んでまで食べる神経がわからない!」

といったほうが、共感する人がたくさんいます。今の時代、美味しいのは当たり前です。でも、行列に並んでまで食べるほどのものなの?っていうお店たくさんありますよね?でも、そういうことは表に出して余り言わない。

みんなが、なんとなく思っているけど、表に出していう人はあまりいないですよね。こういう毒舌的なコンテンツの方が、見る人にとっては面白いのです。

もう一つ大事なことは、ブロガーにとって、自分の日常をネタにすることが、一番手っ取り早く、ブログをブランド化する方法だということ。

自分の身の回りに起こった出来事をコンテンツにするのです。

嫌らしい話ですが、やっぱり人って、誰かが幸せになったり、不幸になったりすることを知るのが快感です。

「アドセンス停止。突然私の身に降りかかった悲劇」

自分の身に降りかかった出来事を文章にして伝えていけば、他人から見ても面白い文章になるのです。

Papa bloggt! 255/365

書くことが楽しい、伝えることが目的

ブログって書くことが楽しめなかったら、かなりの苦行です。

毎日毎日、興味もないことを書かないといけないプレッシャーは、自分にとって、残るものがないばかりか、ブログ自体も面白く無いものになってしまいがちなのです。

やっぱり、書いてる人の気持ちって伝わってきます。

この人は楽しそうに書いてるな~

っていう記事は読んでいても面白いです。だから、自分も楽しんで記事を書く必要があるのです。

ブログをお金を稼ぐことを目的にすると、どうしても楽しく書けないことがあります。

そうではなくて、まず書くことを楽しむ。そこから、自分の考えを他人に伝えることを目的にすれば、自然と共感する人が集まってくるのです。

お金儲けばかりに意識を集中しても、楽しくありません。もちろん、読者のことはしっかり意識しながら書く必要はありますが、最終的には、自分が楽しめるかどうかが重要なのです。

ジャンルにこだわるべきかどうか?

ブログを作るときに一番困るのが、ブログのジャンル。

テクノロジー、節約、趣味、エンタメなどいろいろなジャンルのなかから書きたいものを選びますよね。

特定のジャンルに精通している場合は、そのジャンルの記事ばかりを書くことは、読者も付きやすくなると思いますが、余程精通していないと、同じジャンルの記事を書き続けるのは、苦行です。

結局、自分が日頃やることって、特定のジャンルに収まるものではありません。人間の活動は多岐にわたっています。

そして、日常のなかに、以外な面白いことが隠れているものです。

そういうネタを取りこぼさないためにも、ジャンルにはそれほど拘る必要はないと思います。

やっぱり自分なりの方向性は持ちたい

見ていて面白いブログって、文章から個性が溢れています。

あー、この文章はこの人が書いたんだな。

って思われる文章。だれが書いたか読んだだけで分かる文章。そういう文章って、それだけで面白いんです。

ジャンルはバラバラでも、やっぱりこの人が書くと面白いなって思ってもらうには、文章に現れる個性が大事なんですね。

文体というか、その人特有の面白さが、人気のブログにはあるのです。

それがなければダメというわけではありませんが、やっぱり自分を売り込む上で、重要な要素になることは間違いありません。

自分は、こういう方向性で書くんだ!っていうのがやっぱり必要だと思います。ジャンルはバラバラでもいいのですが、基本的な方向性が定まっていなければ、そいうった個性が伝わりにくくなります。

面白いブログを作るには、自分なりの方向性を文章に出していくことが必要だと思います。

 

以前に書いた記事も載せておきます。

ブログってほんとに儲かるの?有名ブロガーが「ブログで副業」を進める理由