「週に2,3日だけ仕事する」ような生き方がもっと広がってほしい。

アイキャッチ

「週5で朝から晩まで働く」か、「週2,3日だけ働く」かどちらがいいか。

僕は週に2,3日だけ働いて残りの時間でブログなどの副業収入を増やすための生活をしています。

週に2、3日だけ働いて残りの時間は自分のために使う生き方がもっと認められてもいいと思います。

↓の3通りの生き方があったら、僕なら迷わず[2]か[3]を選びます。

  1. 会社のために毎日朝から晩まで働く生き方
  2. 会社のために週2,3日働いて残りは自分のために働く生き方
  3. 仕事と普段の生活を両立して自分のために働く生き方

[1]はほとんどのサラリーマンの働き方。
会社に雇われて朝から晩まで働いているので収入は高いし安定していますが、自分のための時間がほとんどありません。

[2]は週に2,3日だけ雇われて働いて残りの時間は好きなように使います。
残った時間は寝ても遊んでもお金を稼いでも・・・なんでも自分がやりたいことをやる。ただし[1]に比べると収入が減ることを覚悟しないといけない。

[3]は完全にフリーになって生きる方法。
フリーランスとか個人事業主なんかですね。完全に自分の力でお金を稼ぐ必要があります。収入は安定しませんが、やり方次第ではサラリーマンより遥かに大きな金額を稼げる。

僕も以前は、[1]のような働き方をしていましたが、誰かに「雇われている」だけでは本当に自分がやりたいことが出来ないし、こんなに疲れるまで働くより収入が低くてもやりたいことをやる人生の方が自分には合っているということで会社を辞めて、週に2,3日働いて残りの時間でブログやコンテンツサイトの運営をしているわけです。

僕なら「雇われて仕事をする」より自分の思ったようにやる方を選びます。

週に2,3日だけ働ける仕事は増えてきてはいますが、まだまだ限られています。どうしてこういう働き方がもっと広がらないんでしょうか。

まぁ収入は以前より減りましたが、僕は以前の「社畜生活」に戻る気は全くありませんし、雇われて働くのは自分には向いていないんじゃないかと思います。

今の時代、名誉やお金に執着するのはやめたほうが幸せに生きることが出来ると思います。名誉やお金を追い求めても疲れるだけ。本当に幸せに生きるためには、ただ自分のやりたいことをやるしかないと思います。

余った時間を何に使うかですが、今の時代、時間さえあればネットを使って何時でも副業が始められる時代です。

しかも自由に使える時間が週に4,5日もあればサラリーマンでいるよりも格段に副業がやりやすくなります。

いろいろやってみて稼げそうなら副業を本業にしてもいいし副業を成長させるまでの間だけ週に2,3日雇われて働くという方法はすごく効率が良い気がします。副業を本業にするまでは[2]の働き方をするというのもありですね。

サラリーマンだと自由に使える時間がほとんどないので副業といっても本当に簡単なことしか出来ません。サラリーマンでいる限り自分のやりたいことのための時間はほとんど取れないのが現実です。サラリーマンでももっと多用な働き方が認められても良い気がしますが・・・。

あくまでも僕の意見ですが、ある程度の収入を維持しつつ自分がやりたいことをやるなら、[2]のように会社のために週に2,3日だけ働く働き方がもっと認められてもいいんじゃないかと思います。

 

副業を本業に変えていくなら拘束時間の長い仕事をしてはいけない。

まぁサラリーマンでもその仕事が自分のやりたいことだったらいいのですが、やりたくもないことのために働く人は自分をもった大事にした方がいいと思います。

「自分のやりたいことでない仕事のために自分の人生のほとんどの時間を使う。」こんな生活をするぐらいなら先程も言ったように、お金や名誉に執着するのをやめたほうがいい。

どうして週に2,3日なのかというと、副業を本業に変えていくためには週に4,5日は自由に使える時間があったほうが良いからです。全く雇われずに最初から独立してフリーとなる前に、本業を育てるまでは週に2,3日だけ働いて最低限の生活は出来るようにする。

僕の場合はブログ収入だけでも十分に生活していけるようにしようと思っています。ただブログの収入は最初は0円。稼げるようになるまでには1年以上はかかる人がほとんどです。

まぁブログにかぎらず最初はなかなか副業収入が安定しないし、思ったようにいかないこともあるので、収入0円の状態でいきなり完全に独立するのは無謀です。

それでも週に4,5日は自分で稼ぐためにフルに時間を使えるわけです。その間に副業収入を増やしていって、それだけで十分生活していけるようにする。

この働き方のメリットは、最低限の生活が出来る収入は確保しつつ、副業のための当てる時間を最大化することが出来るということ。

余裕を持って副業収入を増やしていくためには、自由時間が最低4,5日は必要だし、そのためにはサラリーマンのような拘束時間の長い仕事をしてはいけない。

ということです。
だから週に2,3日の仕事をすることにしたのです。

 

自分のために「自由に働ける」仕事の探し方

今の時代、低収入でも普通に生活していくことができます。調査によると高収入だけど忙しい仕事より低収入でも楽な仕事を選ぶ人が多いのです。

もっと早く辞めてれば。この絶好の転職チャンスをものにして思い通りの人生にする