あまりにも暑いので手作りのクーラーを作ってみた

手づくりエアコン

いや~暑いですね。

ぼくは自宅の2階のPC部屋でブログを書いたりしているのですが、とにかく暑い。

この時期は昼間、温度計が35度~40度近くまで上がってきます。

それでもエアコンなんて文明の利器はないし、ミニマリストを目指すからには余計なものは買かいたくない。

でも、これ以上の暑さには耐えられそうもないので、なんとかならないかと考えていたのですが、手元で体を冷やしていたアイスノンをみて思いつきました。

発泡スチロール箱アイスノンがあれば、ほとんど無料でエアコンがつくれるじゃないかと!

えーっと、こんな感じですね。

手づくりエアコン

箱のなかにアイスノンを入れて、冷たい風が出て来るようにすれば、完全にエアコンでしょ。

というわけで早速作っていきたいと思います。

手づくりエアコンを作ってみた。

まずは、発泡スチロール箱ですが、これはお魚屋さんやスーパーとかで貰えるところがあれば、そこで貰えばOK。それから、ホームセンターでも売っています。

私は近所のスーパーでもらってきました。
手づくりエアコン箱の上部をこんな感じで2箇所に穴を開けます。

大きい穴はファンを設置するところ、小さい穴は、風が出てくるところ。

風が出てくる穴を大きく作りすぎると、風量が小さくなるので、小さめに作っています。

別の角度から見るとこんな感じ。
手づくりエアコン

 

そして冷凍庫で冷やしておいたアイスノンを入れます。ちょうど2個並びますね。

2個並べたほうが冷却力も持続力も高くなるので、できればもう1個アイスノンを買いたい。

手づくりエアコン

 

そして、フタを閉めます。

手づくりエアコン

次はファンを設置します。今回設置するファンは、ドウシシャのコンパクトデスクファン

 

小さなファンですが、2段階に切り替えができ、スタンドの角度が真っ直ぐになるので、ちょうど使いやすいですね。

ちなみに、電源はコンセント、USB、電池どれでも使えます。

コンパクトデスクファン ホワイト
ドウシシャ
売り上げランキング: 1,303

 

このファンをモバイルバッテリーに繋いで動かします。

手づくりエアコン

 

そして、先ほど穴を開けた所に合わせて発泡スチロール箱の上に設置します。

手づくりエアコン

すると、吹出し用の穴から冷風が出てきました。やったー!

手づくりエアコン

一応これで完成しました。

あとは、吹出し用の穴にダクトを繋いで風向きを変えれるようにしても良さそうです。

ちなみに効果の程なんですが、さすがにこれだけでは部屋全体を冷やすのは無理でした(当たり前だけど)

ただ、ないのとあるのでは確実に違うはずですから、今度アイスノンをもう1個増やして温度変化を調べてみたいと思います。

それと、中に入れる保冷剤が多ければ多いほど効果が高いので、もっと大きな発泡スチロール箱ならエアコンに近い効果も期待できるかもしれません。

ただ、保冷剤を冷却するのにも結局、電気を使うので省エネ効果はあまり期待できないかもしれません。

あと、これを作るより、アイスノンを直接体に当てたほうが涼しいですね。

暑い夏はアイスノンで乗り切りましょう!

それでは。

アイスノンソフト

アイスノンソフト

posted with amazlet at 15.07.15
白元アース (2003-09-01)
売り上げランキング: 102