ZEPEALの激安サーキュレーター。DKS-20と無印のサーキュレーターを比べてみた

前回、無印良品のサーキュレーターについての記事を書きましたが、人気があるようなので今回もサーキュレーターについて。

今回取り上げるのは、ゼピールというメーカーのサーキュレーター。

あまり聞かないメーカーですが、ゼピールのサーキュレーターは、ホームセンターやAmazonなど結構何処にでも売っています。

そして、Amazonで一番人気のあるサーキュレーターが、ゼピールのDKS-20W/DKS-20

DKS-20Wはアマゾン限定のホワイトモデルで、DKS-20はブラックモデル。色が違うだけです。

Amazonで圧倒的な人気

2015年6月21日現在のDKS-20Wの価格は2280円で無印のサーキュレーターに比べてもかなり安いですが、Amazonのレビューが807件もついていて圧倒的な人気があります。

DKS-20W

私も、2台買って使っていますがいいです。私の使い方では、必要十分で使いやすさも申し分なしです。

今回は、ゼピールのDKS-20についてレビューしてみます。DSC03720

ゼピールのDKS-20のスペック

まず基本的なスペックから。

  • 風の強さは弱、中、強の3段階
  • 風向きは4段階に調整可能
DSC03721

箱にはこんな感じで本体が収まっています。DSC03723

もちろん中国製です。DSC03738

真上を向けることが出来ます。天井に滞留している空気を拡散できます。DKS-20

少し上に向けた状態。向きを変えるとカチッと止まります。DSC03735

真横に向けた状態。これ以上、下には向きません。 DSC03736グリルは外せますので掃除もし易いです。
Amazonでは外しにくいとレビューも有りましたが、反時計回りに少し回すと外れます。DSC03741

羽は3枚です。シンプルですね。DSC03743

背面にスイッチがあり、すべての操作はこれだけ。

DKS-20は、このスイッチが使いやすいのがいいです。
スイッチが複雑だったり固かったりすると、使い勝手に直結しますので、こういうシンプルで使いやすいスイッチはGood!DSC03729

デザインも、シンプルで安っぽくなくていいです。全然ダサい感じがなくて、しっかり洗練された形になっています。

DSC03725

無印のサーキュレーターとの比較

無印のサーキュレーターと並べてみました。無印の方が一回り大きく感じます。

dks-20

どちらも使い勝手はほぼ同じですが、デザイン的には無印のほうが好きですが、ゼピールもシンプルで格好いい感じのデザイン。

上から見るとこんな感じ。無印の方は筒状になっているのに対して、ゼピールは後ろ側に向かって細くなっていく感じ。

DSC03730

 

写真で見ても分かるように、ゼピールの方が一回り小さいです。重さもゼピールの方が軽いので、持ち運びはゼピールの方がし易いですね。

気になる静音性は?

それから騒音に関してですが・・・

ゼピールのサーキュレーターはかなり静かです。

静音性が売りの無印のサーキュレーターと比較しても、そんなに音は気になりません。強にすればちょっと離れても音が聞こえますが、無印のサーキュレーターでも同じです。

静音性に関しては、無印のサーキュレーターよりすこし劣るぐらいでしょうか。それでも十分静かだと思います。

個人的に、無印の方がいいところはデザインだけで、それ以外はほぼ同じかなといった感じです。

無印のAT-CF18R2-Wは3900円に対して、ゼピールのDKS-20は2千円台で購入できますから、個人的に無印よりゼピールの方がおすすめです。

もう4台ぐらいサーキュレーターを持っているので当分買うことはないと思いますが、次買うとしたらDKS-20かDKS-20Wですね。